スティングがデヴィッド・ボウイをカバーするなんて。


image photo by Piotr Drabik 

いままでスティングも多くのアルバムを聴いてきました。

とても好きなミュージシャンです。

そのスティングがロスで行われているデヴィッド・ボウイ追悼ライブでデヴィッド・ボウイの曲をカバーしました。

スポンサーリンク
AdSence

スティングの「Blackstar」と「Lazarus」

デヴィッド・ボウイの曲を他のミュージシャンがカバーしても、イマイチな印象を持っていました。

デヴィッド・ボウイのボーカルはどんなアーティストにもましてドラマチックで、同じ曲でもボウイ以外のボーカルだと印象が弱くなってしまうのです。

そのため、デヴィッド・ボウイの追悼コンサートには全く興味がありませんでした。

しかし、たまたま耳にしたスティングによるボウイのカバーには、また違った印象を受けたのです。

YouTubeCelebrating David Bowie Blackstar featuring Sting The Wiltern Los Angeles 1/24/17

アンプラグドな感じで始まった「Blackstar」はデヴィッド・ボウイのものとは全く違っています。

完全に別物です。

スティングの独特なボーカルが、この曲をスティングの楽曲として形作ってしまったかのようでした。

しかし、それは「Blackstar」の印象を弱めるものではなく、スティングの力強いボーカルで強力な歌に変化していました。

これには参りました。

youtubeではバックボーカルがちょっと弱いですが、会場で聴いたら素晴らしいでしょうね。

YouTubeSting: Lazarus (Live Los Angeles 01/25/2017)

スティングは「Lazarus」もカバーしています。

デヴィッド・ボウイのアルバム「★」の中核とも言える「Blackstar」と「Lazarus」を両方ともカバーして、聴かせるアーティストはスティングぐらいしかいないでしょう。

この2曲のカバーを聴いて、デヴィッド・ボウイの追悼コンサートに対するイメージが少し変わりました。

スティング以外にも、よいカバーを聴かせてくれるアーティストがいるのかもしれませんね。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

コメント

  1. koic より:

    ありきたりですけど、私は Nirvana がカバーした「The Man Who Sold The World」が好きですが、いかがでしょうか?

    • Lin より:

      koicさん、ありがとうございます。
      これはいいですね。私もすきです。
      このカバーで「The Man Who Sold The World」の人気が再燃しました。

  2. koic より:

    BOWIEのカバーでなくて申し訳ありませんが、Stingならlive盤の「Bring on the night」がやっぱりイイですね。

    https://www.youtube.com/watch?v=76hl2YpiEvw

    ブランフォード・マルサリスのサックスがいいのは勿論ですが、故ケニー・カークランドのピアノソロは今聞いてもゾクゾクします!!

    残念ながらドーム公演の半券を失くしてしまいました(泣)

    • Lin より:

      koicさん、ありがとうございます。
      ちょっと驚きました。
      私はスティングのべスト盤「フィールズ・オブ・ゴールド」を買ってから、全てのアルバムを買っているつもりだったのですが、「Bring on the night」が漏れてました。
      今amazonで注文しましたが、入荷待ち状態で2月にならないと聴けません。

  3. koic より:

    私も昨日、映画「ジギー・スターダスト」を観に行ってきました。ミニシアターだったので大画面とまではいきませんが、迫力があってよかったですね。The Width of a Circleが最高でした!! Ziggy Stardust や Rock’N’Roll Suicide では涙が出そうになってしまいましたね。Tシャツが欲しかったのですが、今月は歓送迎会等でいろいろと出費がかさみそうなので諦めました(>_<)

    ところで、私はロバート・グラスパーというジャズ・ピアニストも好きなのですが、「Black Radio」というアルバムに「Letter To Hermione」が収録されています。Bilalというシンガーが歌っていますけど、しっとりとした感じでなかなかイイです♪

    https://www.youtube.com/watch?v=Yc0TmmmMlZs

    あと、SEU JORGEというブラジルのシンガーがBOWIEのハンキー・ドリーやジギー・スターダストの曲を中心としたカバーアルバムを作っています。
    私は新宿のdisc unionで購入しましたが、アコースティックギターを弾きながらポルトガル語で歌われるBOWIEの曲もなかなか味わい深いものです。
    「gimme your hands!!」とか、一部英語が混じっていますけどね(笑)

    • Lin より:

      koicさん、ありがとうございます。
      ロバート・グラスパー、なかなかいい感じですね。
      SEU JORGEもじっくり聴いてみます。

      「ジギー・スターダスト」の上映ってミニシアターが多いんでしょうか?
      最近はシネコンでも画面は小さいし、あまり変わらないかもしれませんね。

      昔は一日中映画館にいて、何度も同じ映画が観られたりしました。
      三軒茶屋の名画座でスターウォーズやランボーをシリーズで一気に観たり、
      有楽町マリオンの巨大さには驚いたり、ちょっと懐かしいです。

    • Lin より:

      koic さんこのコメントは最後に貼られたyoutubeのアドレスだけが再生可能になるようです。
      文章と文章の間に貼られたyoutubeアドレスはリンクになってしまいます。

  4. ばなな より:

    あのコンサート昨日やっと全部見られました。スティングが意外でしたが、良かったです。
    中学の頃、デビューしたてのポリスが大好きでした。その頃のDavidは、子供には怪しいおじさんでした。多分HEROSの頃、今見ると可愛い男の子なんだけど。。。
    Gail Ann姐さんのLazarusも、アラジンセインからSpace Oddityも、私は良かったと思います。声が好きです。
    マーキーの、ピアノメドレーも、お〜という選曲でした。ピアニストはたくさんいますが、この世界はやはりマーキーしか表現できないのかな、と思います。
    私はこのLive、期待せずに見たせいか、好感もてました。エイドリアンにはも少し頑張って欲しかったです。

    • Lin より:

      ばななさん、ありがとうございます。
      スティングとボウイはタイプが違うと思うんですが、どちらもいいですよね。