デヴィッド・ボウイのBOX「カンヴァセーション・ピース」を開封!…したのだが。

2019年、12月初旬には到着していたデヴィッド・ボウイの5枚組BOXセット「カンヴァセーション・ピース」。
今回のBOXで、私の楽しみは「マーキュリー・デモ」です。

ジョン・ハッチンソンとのデュエットはサイモンとガーファンクルみたいで気にいってます。

アナログ盤で発売されて、見送っていたデモ作品が多数収録されています。

年末からこっち、多忙に紛れて開封していませんでした。

やっと封を切ることが出来たのですが…

スポンサーリンク
AdSence

ボックスセットの印象

「カンヴァセーション・ピース」はボックスというより写真集のような作りです。記念誌のようでもあります。

デヴィッド・ボウイのBOXセットは毎年発売されていて「Loving The Alien」まで出たので、次はティン・マシーンのBOXかと思っていたら、年代が逆戻り。

「カンヴァセーション・ピース」の発売となりました。

手に取った印象は、とにかく重い。豪華。
かつてこのようなボックスセットは買ったことがありません。

これから、この体裁で、またまたボックスセットが発売され続けるのでしょうか?

既に箱状のBOXが発売されているだけに、少し複雑な気持ちになりました。

……

このボックスのCDの封入は、以下の写真のようになっています。

表紙と裏表紙がハードカバーなので、開いた部分の厚紙に2枚+3枚の計5枚が封入されています。

このような重量級のボックスだとちょっと取り出しづらいです。

私の場合、一度、iTunesに取り込んだら、もうこのボックスセットは飾りにしかならないでしょう。

ダブってました(泣)

実は当方に届いた「カンヴァセーション・ピース」は不良品だったのです。

なんと、楽しみだった「マーキュリー・デモ」の代わりに「ホーム・デモ」が2枚入っていました。

即、返品・交換となりました。

私のように、まだ「カンヴァセーション・ピース」を開封していない方はいませんか?

コレクションとして未開封のまま、とっておきたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、このような不良品かもしれません。

まず、中身を確認してみましょう。


(追記:1/14)

「マーキュリー・デモ」入りの商品到着しました。

やっぱり、これです。

© bluelady.jp

コメント

  1. aladdindogs より:

    昨年4、5、6、7月に「スペイスオディティ」50周年でアナログで出されたものが全て入っていますね。
    最初からCD化されると分かっていたら、2つのデモシングルBOXは買わなかったと思います。
    シングル盤それもデモを、一枚一枚表裏聴くのは面倒です。

    「マーキュリーデモ」アナログはLPでBOX仕様もカッコ良いので買って良かったと思います。
    「スペイスオディティ」のシングルBOXのオリジナルシングルの方はレーベルもフィリップを使用した完全復刻なので気に入っています。

    50周年BOXは、噂では2024年まで毎年出ると言われていますね。

    「1983-1988」以降のBOXはどうなるんでしょうね。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、お久しぶりです。
      今年もよろしくお願いします。
      今年は、F1記事だけじゃなくいろいろやっていきたいと思います。

      50周年ボックスってあと5作品あるんですか?
      ジギー
      ホワイトデューク
      レッツダンス
      あとは????

      今日、マーキュリー・デモが入った正式版が届きました。
      聴き倒します。

  2. aladdindogs より:

    Linさん、今年も宜しくお願いします。

    50周年と言うのは、アルバムではなく、1970、71、72、73、74年に対しての50周年なので2020、21、22、23、24年までとの事です。
    なので「世界を売った男」から「ダイヤモンドの犬」までだと思います。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。

      そうだったんですね。
      もう5年と言わず、全アルバムでやってもらってもいいくらいですが…