デヴィッド・ボウイのCD12枚組Boxセット「Five Years 1969 – 1973 / ファイヴ・イヤーズ 1969 – 1973」(2015年10月発売/日本盤)〜「Sound+Vision / サウンド+ヴィジョン」

15335396255_9ed8a3e8b0_o

photo by Stephen Luff

いよいよデビッド・ボウイのCD12枚組Boxセットが発売されることになりました。
いままで幾度となく発売されてきたデヴィッド・ボウイのボックスセットですが、今回のBoxセットにはかなり期待が大きいです。

この情報を最初に届けてくれたのはaladdindogsさんです。ありがとうございました。

スポンサーリンク
AdSence

Five Years 1969 – 1973 / ファイヴ・イヤーズ 1969 – 1973(日本盤:2015年10月21日発売)

なんと、デヴィッド・ボウイの初期アルバムのBOXセットが発売されます。それがCD12枚組Boxセット!
(スペイス・オディティ〜ピンナップスまでのアルバム+ライブアルバム+特典アルバム)

ファイヴ・イヤーズ 1969-1973

目玉は

  • 「ALL THE MADMEN(MONO SINGLE EDIT) / オール・ザ・マッドメン(モノ・シングル・エディット)」
  • 「HOLY HOLY(ORIGINAL MONO SINGLE VERSION) / ホリー・ホリー(オリジナル・モノ・シングル・ヴァージョン)」

です。

ファンにはダブるCDが多いですが、絶対買いですね。

前回の記事のコメントに注目してくださいね。
このページのコメントにもaladdindogsさんによる注目情報あります。

詳しい告知はワーナー・ミュージックのHPで。

参照:「Five Years 1969 – 1973 / ファイヴ・イヤーズ 1969 – 1973」(ワーナーミュージック)

devidbowie.comの告知は以下、海外盤は9月25日発売。

参照:Five Years 1969 – 1973 box set due September

devidbowie.comはトップページが変わってました。
twitterも変わっていますね。

参照:devidbowie.com

参照:https://twitter.com/DavidBowieReal

BOXジャケットがカッコイイ!!

私はAmazonで国内盤を予約しました。

ファイヴ・イヤーズ 1969-1973(Amazon)

Amazonでの輸入盤は以下です。

David Bowie Box(2013年)

ここからは記憶に残っているデヴィッド・ボウイのBOXセットについてです。

「David Bowie Box」は、アルバム「Outside」〜「Reality」までのアルバムをボーナスCD付きで10枚組のセットにしたもの。

David Bowie Box

画像参照:Sony Music Shop

同時期にアルバム「Space Oddity」〜「tin machine」が再発され、封入されているマークを送るとBOXが送られてきました。

画像参照:http://991.com/

ステイション・トゥ・ステイションのスペシャル&デラックスエディション(2010年)
STATION TO STATION DELUXE EDITION
STATION TO STATION SPECIAL EDITION

ステイション・トゥ・ステイションはナッソーのライブの2枚組がセットでボックス化されました。
アナログ版までセットになった「デラックス・エディション」とCDのみがセットになった「スペシャル・エディション」が発売されました。
超豪華なセットで話題にのぼりました。

Station To Station [Special Edition] (3CD) by EMI 【並行輸入品】

私が持っているものは「スペシャル・エディション」の方です。(なんで「デラックス・エディション」を買わなかったんだろう…)

画像参照:トーキョーオンガクサイト

Outside / Earthling / hours… Box(2004年)

このBOXセットは国内で発売されることはありませんでした。
私はAmazon.deで購入しました。
「Outside」「Earthling」「hours…」のボーナストラック付きのCDをBOX化したのもで、各BOXにはLimited Edition No.が付いています。
私のものは「1412/2000」でした。
実はこのBOXはまだ未開封状態です。
同じ内容のCDは後年何度も発売されていますので、開封しませんでした。

画像参照:eil.com

Sound+Vision / サウンド+ヴィジョン(1989年、2003年、2014年)

サウンド+ヴィジョンは何度も再発されたBOXセットです。
昨年も再発されました。

2014年

初の国内盤化されたBOX

サウンド+ヴィジョン

2003年

ライコBOXに1部楽曲を追加して再発

画像参照:BASSMAN’S DAVID BOWIE PAGE

1989年

私は1989年BOXをオークションで手に入れました。
はじめてデビッドボウイのレアトラックに触れた思い出深いBOXセットで、これ以降に発売されたさまざまなBOXセットは、これを聞いた時ほどの衝撃はありませんでした。
私のBEST BOXセットはこれです。
BOX形態も1989年BOXが最高です。
これ以降のBOXも所有はしてはいるものの、私にとってはインパクトに欠けます。

画像参照:eil.com

このボックスには木箱のものもありますが、残念ながら見たことはありません。

画像参照:eil.com

もう一つの衝撃のアルバムは「Bowie At The Beeb」なのですが、BOXセットではないので、いずれ紹介したいと思います。


Amazon

ファイヴ・イヤーズ 1969-1973

サウンド+ヴィジョン

コメント

  1. aladdindogs より:

    やまりんさん、最新の記事読ませていただきました。
    やまりんさんの記事を読むのが、最近の私の楽しみの一つです。

    知っているかもしれませんが、「ALL THE MADMEN」のモノ・エディットはアメリカのプロモーション用でのみ出されたモノで、過去にブートに登場したモノはフェイクだったため、ファンの間で幻のヴァージョンとなっていました。
    「HOLY HOLY」71年シングルは、以前お話ししたように、マスターテープ紛失が定説となっていますので、
    テープが見つかったのか、それとも状態の良いアナログレコードからの針落としなのか、今からファンの間で臆測されていますが、いずれにしても公式に再発されるのは44年ぶりです!

    特典CDには、その他にも今回初収録の貴重なヴァージョンものが収められていますので、今から待ち遠しいですね。
    ここ最近では「THE NEXT DAY」「NOTHING HAS CHANGED」がリリースアナウンスされた時のような興奮のニュースでしたね。

    • やまりん より:

      aladdindogsさま

      フォローをありがとうございました。

      >ここ最近では「THE NEXT DAY」「NOTHING HAS CHANGED」がリリースアナウンスされた時のような興奮のニュースでしたね。

      まさしくその通り!

      やまりん

  2. aladdindogs より:

    「Five Years 1969-1973」国内盤(中味は輸入盤)に続き、やっと欧州盤のオーダーも始まりました。
    私は、解説書や特典は要らず、純粋に曲が欲しいので、タワーレコードで欧州盤を注文しました。
    500円クーポンを使って15,648円でした。Amazon.HMVより、安いです。
    今回のも中味は輸入盤の、いわゆる輸入盤国内仕様ですからね。

    • やまりん より:

      aladdindogsさま

      おはようございます。
      私はAmazonで日本版をポチってしまいました。
      だいたい日本版を買っています。

      スペイス・オディティのときは海外盤も日本版も買ってしまって…(日本版の発売が未定で、発売時期がずれてしまったので)

      やはり海外盤の方が、かなり安いですね。

      このボックスセットの告知は、折を見て単独ページに分割する予定です。
      その後も、よろしくお願いします。

  3. やまりん より:

    このページは「David Bowie Box(2013年)」以下を追加した後、アルバム「ハンキー・ドリー」の内容を新たなページに移設いたしました。
    「ハンキー・ドリー」の内容は以下です。
    http://www.bluelady.jp/bowie/post-7626

  4. aladdindogs より:

    やまりんさん、新しい記事ありがとうございます。

    1990年ライコからアルバム再発に先駆けて「サウンド&ヴィジョンBOX」が出た時の喜びと感動は、私にとっても、恐らく過去一番だったと思います。豪華なBOX仕様と初出の未発表曲に驚かされました。

    当時は、BOWIEの販権が中断されていた時期で永らくBOWIEのレコード、CDがレコードショップから消えていたんです。
    アメリカのライコと契約し(やや遅れてイギリス、日本ではEMIから)、大量の未発表曲の発掘と発表が実現しました。
    ライコの販権終了と共に、EMI〜パーロフォンから未発表曲なしのオリジナルに戻ってしまいましたから、ライコ盤は貴重です。

    なので、再発の「サウンド&ヴィジョンBOX」も貴重ですね。

    それから、次に衝撃的だったのは「スティション・トゥ・ステイション」デラックス・エディションBOXです。なんと言っても、その重量感に圧倒されますが、貴重なシングル・エディションを集めたCDと本アルバムの5・1チャンネル、サラウンドDVDオーディオは最高です。
    持っていたら失礼ですけど、もしやまりんさんに聞く環境が無ければ、
    ホームシアター・システムがあれば、DVDオーディオプレイヤーがなくても、普通のDVDプレイヤーで聞く事が出来ます。
    私は、スーパーオーディオプレイヤーは持ってないので、今だに「ヒーザン」「リアリティー」のサラウンドは未体験なんですけど、DVDオーディオになった「ジギー・スターダスト」「デビッド・ライヴ」「ヤング・アメリカン」「ステージ」は良く聞いています。

    長くなってしまいましたが、今後とも宜しくお願い致します。

    • やまりん より:

      aladdindogsさま

      お世話になります。

      「サウンド&ヴィジョンBOX」の発売は、私がボウイにのめり込んだ10年ぐらい前のことなので、まったく想像がつきません。
      書き込み頂いてありがとうございました。

      私はライコ盤を全部持っていますが、(ロウだけがゴールドディスク)すべてオークションで手に入れました。かなり高額のものもあったように思います。
      欲しくても手が出なかったのが、ライコのラジカセのボックスとゴールドディスクのボックスでした。

      今では適度にボウイ熱が冷めましたので、超貴重盤を手に入れようという衝動もなくなりました。しかし、このブログでは、私の知る限りのボウイを出していくまで、頑張りたいと思います。

      この後、ジギー以降を続けますが、リアルな状況が分かるものがありません。
      そのあたりを、コメントでフォローして頂けるとありがたいです。
      今後もよろしくおねがいします。
      いろいろ教えてくださいね。

  5. aladdindogs より:

    やまりんさん、こんにちは。
    「HOLY HOLY」のCD化により、これで12インチシングルを除くと、未公式CD化のBowie曲は、テレビドラマ「BAAL」のサントラEPの中の3曲(2曲はサウンド+ヴィジョンBOXでCD化済み)のみとなりました。(デジタル音楽配信は発売済み)

    今回のBOXシリーズが続けられそうなので、きっと何処かのタイミングでCD化されるでしょう。

    • やまりん より:

      aladdindogsさま

      こんにちは。ボックスセットが続けられるのでしたら、やはり今回買っておかないといけませんね。

      In Bertolt Brecht’s Baal – EPはiTunesで購入しました。
      Serious Moonlight Live E.P.もiTunesです。
      Arnold Layne (EP)もそうかな?
      I Need Someone (With David Bowie) [Live In Cleveland, U.S.A. 1977] も買ってました。

      私はiggy popも結構持ってます。(1977とか)
      Raw Powerもbowieがミックスしたとのことで買ってます。

  6. aladdindogs より:

    やまりんさん、こんばんは。

    イギー、私も好きですよ。最高は「ロウパワー」だと思いますが、「ファンハウス」もいいですね。
    勿論、ボウイ繋がりで「イディオット」「ラスト・フォー・ライフ」「ブラー・ブラー・ブラー」も好きです。

    ボウイ繋がりでは、ルー・リードやモット・ザ・フープルも聞きまくりました。ルーは2回ライブいきましたけど、残念ながらイギーは1度も行ってません。

    • やまりん より:

      私もそれらのイギーは聞き倒しました。
      モットはAll The Young Dudes、ルーはTransformerですね。それとちょっと新しいところではルーのThe Ravenが好きです。
      ボウイ好きはみんな同じようなルートを辿るんでしょうね。