やっと来ました。デヴィッド・ボウイの限定BOX「ラヴィング・ジ・エイリアン(1983-1988)」日本盤!

発売が遅れに遅れていたデヴィッド・ボウイの限定BOX第4弾「ラヴィング・ジ・エイリアン(1983-1988)」の日本盤がやっと来ました。

すでにYouTubeやSpotifyで公開されていますが、なるべく聴かないようにしていました。

やっぱり、楽しみは「Never Let Me Down」の2018年バージョンです。

スポンサーリンク
AdSence

今までで一番美しいボックス

これまで発売されたデヴィッド・ボウイの限定BOXは黒や青の色合いでした。

ファイヴ・イヤーズ 1969-1973
ファイヴ・イヤーズ 1969-1973 image by Amazon

フー・キャン・アイ・ビー・ナウ? 1974-1976
フー・キャン・アイ・ビー・ナウ? 1974-1976 image by Amazon

ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン 1977-1982(完全生産限定盤)
ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン 1977-1982(完全生産限定盤) image by Amazon

今回は白ベースです。

LOVING THE ALIEN, 1983-1988 [11CD BOX] (128-PAGE HARDBACK BOOK)
LOVING THE ALIEN, 1983-1988 [11CD BOX] (128-PAGE HARDBACK BOOK) image by Amazon

今までで最も美しいBOXでした。

黒の「ファイブ・イヤーズ」もよかったですが、BOXデザインはこれが一番だと思います。

「Never Let Me Down」の2018年バージョン

中身はやっぱり「Never Let Me Down(2018)」がよいです。

作り直したらこれほど印象が変わってしまうとは…

今では、このアルバムは結構好きです。

デヴィッド・ボウイのヴォーカルは若々しいし、サウンドに厚みが出て、アルバムの印象が180度変わってしまいました。

でも、こんなアルバムが出てしまうと、(やらないにしても)他のアルバムも作り直せるということになりますよね。

かなり複雑な気持ちです。

他のアルバムでリメイクしたようなものは聴きたくないです。

そうしてみると、当時の「Never Let Me Down」の不出来は、特別なプレゼントになったというわけです。

……

次に楽しみなのはデヴィッド・ボウイが過去の曲を自らリメイクした「Toy」でしょう。

しかし、既に音源が出回ってしまったので、ありがたみが半減してしまいました。

BOX「フー・キャン・アイ・ビー・ナウ?」で発表された「ザ・ガウスター」みたいに聴いたことがなければ本当に喜ばしいでしょう。

「Toy」の音源が漏れてしまったことが残念でなりません。

来年も限定BOX出るのかな?

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

ラヴィング・ジ・エイリアン(1983-1988) (完全生産限定盤)

※Amazonにリンクします。

コメント

  1. aladdindogs より:

    80年代に怒涛の如く出された12インチ・シングルは、最初は通常シングルではエデットされてしまう長尺曲のフルバージョンを収録するだけのものでした。
    やがて、別ミックス、ダブ・バージョン、インストルメンタル・バージョンなどが主流となりました。

    ボウイの12インチも80年代には国内盤も発売されていましたが、90年代になると、12インチに限らずアナログ盤の国内盤は出されなくなりました。
    12インチ・バージョンのごく一部は、今回のBOX盤に収録されましたが、未だ沢山のバージョンが未CD化のままです。
    一時、音楽配信でかなり発売されていましたが、CD化は恐らくこれから先もないでしょう。
    12インチ・シングルはその後も「★」まで出され続けています。
    今後のBOX盤には何曲収録されるでしょうか。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      12インチ・シングルはCD未発表のものがたくさんあるんですね。
      ちょっと残念な気がします。

      今後、あっと驚く音源のリリースは期待できないでしょうか?
      私は、そんな驚きを期待しています。

  2. aladdindogs より:

    「Live (10CD)」は、10CDで3,000円しませんが、10枚全て単品で所有していますので勿論買いませんが、ブートのお買い得セット品ですね。