シンディー・ローパーのニューアルバム「Detour(回り道)」はカントリーアルバムだった。

Cyndi Lauper
image photo by Taís Melillo 

シンディー・ローパーがカントリーアルバムをリリースしました。
その名も「Detour」(回り道)でございます。

もう、円熟の領域に達したシンディーに、昔のような元気なアルバムを期待するのは無理なのかな?

スポンサーリンク
AdSence

カントリーはバンジョー?(前置き)

私がカントリーと聞いてすぐに想起するのはバンジョーの音色です。
でも、ひょっとするとブルーグラスと区別がついていないだけかもしれません。

正直にいって私の趣味の外にある音楽ジャンルです。

シンディーのアルバムにもバンジョーが使われていました。
思ったより少なかったですけれど…

Detour(回り道)

Detour
Detour image by Amazon

このアルバムが出ると知って、思わずポチってしまったのですが、輸入盤を買ってよかったのでしょうか?

もう手元に到着してしまいました。
日本盤も出ますので、日本盤がいい方は今しばらくお待ちください。

Detour

  1. Funnel Of Love
  2. Detour (Featuring Emmylou Harris)
  3. Misty Blue
  4. Walkin’ After Midnight
  5. Heartaches By The Number
  6. The End Of The World
  7. The End Of The World
  8. Begging To You
  9. You’re The Reason Our Kids Are Ugly (Featuring Vince Gill)
  10. I Fall To Pieces
  11. I Want To Be A Cowboy’s Sweetheart (Featuring Jewel)
  12. Hard Candy Christmas (Featuring Alison Krauss)

アルバム「Detour」は明るい感じのアルバムです。

このアルバムはカバーアルバムらしいのですが、原曲を全く知りません。
カントリーをあまり聞かないのでお許しください。

タイトルに「Detour」(回り道)とついているだけあって、ちょっと気楽に回り道してみましたといわんばかりのアルバムです。

YouTubeCyndi Lauper

YouTubeCyndi Lauper

健康的なボーカルは健在

カントリーの好きな方は是非このアルバムチェックしてみてください。
「I Want To Be A Cowboy’s Sweetheart (Featuring Jewel)」のヨーデルは聴き所です。

私のお気に入りは「Hard Candy Christmas (Featuring Alison Krauss)」です。
この曲が聴けただけでも買った価値がありました。
往年のシンディーが聴けます。

他にも「Misty Blue」がいい。

…いつまで、シンディーはみずみずしいボーカルを聞かせてくれるでしょうか?

ただ、私は2004年のアルバム「シャイン」のようなシンディーが好きなので、ちょっと期待はずれでした。

前回のアルバム「メンフィス・ブルース 」(2011年)もシンディーらしいとは思えなかったので、次は「シャイン」みたいなアルバムをよろしくお願いします。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Detour
「Hard Candy Christmas」は本当に大好きです。

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン