デヴィッド・ボウイの「No Plan」のこと

「No Plan – EP」はデジタル配信のみでデヴィッド・ボウイの命日に発売されました。

メールで発売告知が届いたので、追悼EPは買わないといけない…と思い購入したのですが。

スポンサーリンク
AdSence

「No Plan – EP」は「ラザルス」の未発表音源と同じ

実は私は「デヴィッド・ボウイの未発表音源がまた出てきた」と思い込んでしまったのです。

もう小躍りしそうな勢いでした。

ところがiTunesストアからダウンロードしてみると、「ラザルス」の未発表音源CDと全く同じではないですか。

もう、愕然としました。

ちょっと後悔してしまいました。

まあ、追悼EPなのでいいのですが。

「No Plan」のミュージックビデオがいい

実はこのニュースは「No Plan – EP」発売よりもっとうれしい発表があったのでした。

それは「No Plan 」のミュージックビデオの公開です。

YouTubeDavidBowieVEVO

これにはじっと見入ってしまいました。

画面に歌詞が表示されるところは「Sue (Or In A Season Of Crime)」のミュージックビデオを思い起こさせてくれます。

YouTubeDavid Bowie

それに、数多くのTV画面は「地球に落ちてきた男」のワンシーンを思い出させてくれました。

「Sue (Or In A Season Of Crime)」のミュージック・ビデオと比べるとデヴィッド・ボウイの息づかいがある分「Sue (Or In A Season Of Crime)」の方が上です。

しかし、「No Plan 」のビデオはデヴィッド・ボウイへの敬愛溢れる心温まる動画でした。

こんなうれしいニュースが2017年はいくつ届けられるでしょうか?

期待して待っています。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

コメント

  1. aladdindogs より:

    Linさん、命日に1987年にボウイとフランプトンがセビリアの待ちをぶらぶらする映像も公開されましたね。
    約15分間、ビールを求めて歩き続けて、その間寄ってくるファン?に気さくにサインしてあげるボウイ。
    こんなおもしろく、素敵な映像があったんですね。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      ファンがぞろぞろついていく様子は「ロッキー」見たいですね。