2002年、2003年ごろのデヴィッド・ボウイはカッコイイ!

デヴィッド・ボウイの2002年はアルバム「ヒーザン」をリリースした年。

2003年はアルバム「リアリティ」をリリースし、リアリティー・ツアーを開始した年です。

2003年のリアリティー・ツアーの際、デヴィッド・ボウイは56歳。

こんなにカッコイイ56歳がいていいのか? …思っていました。

ついに、私も同様の年になり、ずいぶんさえないことに気づきます。

スポンサーリンク
AdSence

LIVE BY REQUEST

2002年にアメリカのテレビ番組として企画されたライヴが「LIVE BY REQUEST」です。

ファンからのリクエスト・ナンバーを演奏する趣向が面白いです。

しかし、実際にはアルバム「ヒーザン」のプロモーションだったようです。

この映像を最近じっくりと見ることが出来ました。

デヴィッド・ボウイはキャリアの割に公式ライブアルバムが少ないアーティストです。 中には、公式なのに日本盤が発売されていないもの...

……

デヴィッド・ボウイがとても楽しそうに歌っているのが印象的です。

それにカッコイイ。

私が困っている贅肉なんてまるで無いかのようです。

この番組では以下の曲が演奏されました。

  1. LIVE BY REQUEST
  2. Fame
  3. Changes
  4. China Girl
  5. Slow Burn
  6. Starman
  7. Let’s Dance
  8. Slip Away
  9. Ziggy Stardust
  10. “Heroes”
  11. 5:15 The Angels Have Gone
  12. Sound and Vision
  13. Ashes to Ashes
  14. I’m Afraid of Americans

A Reality Tour

その後2003年はリアリティー・ツアーで日本にも来てくれました。

日本のニュース番組にも出ていましたし、目にした方も多いでしょう。

東京と大阪公演に参加された方もいるはずです。

その時のカッコよさといったら、なかったですね。

こんな年の取り方は最高だと思って見てました。

……

私に置き換えると…現実は厳しいです。

© bluelady.jp