ダーティハリー4のテレビ放送には決めゼリフ「Go ahead, Make my day」は無かったの?

ダーティハリーのファンです。

ダーティハリーはクリント・イーストウッドのアタリ役です。

ダーティハリー・シリーズは5作品。
中でも2番目に好きなのが「ダーティハリー4」です。(1番は最初の「ダーティハリー」)

……

「ダーティハリー4」は特別な作品です。

まず、クリント・イーストウッド自ら監督してます。

つぎに、悪人のとどめを刺したのは、愛用の拳銃「S&M M29」ではなく「.44オートマグ」でした。

さらに、当時同棲していたソンドラ・ロックがヒロインとして登場しています。(ガントレットにも出ていましたね)

極めつけは「Go ahead, Make my day」の名ゼリフです。

……

そんな作品なので、仕事の合間に時々ブルーレイを観てしまうのです。

今回も吹き替え版を「ながら」ではなく、じっくり観てしまいました。

すると山田康雄の声が入っていない箇所にあの決めゼリフのシーンが…

スポンサーリンク
AdSence

テレビ放送では「Go ahead, Make my day」のシーンがカットされていた?

「ダーティハリー4」では決めゼリフ「Go ahead, Make my day」が特にしびれるシーンです。

これを観ないとダーティハリーを観た気がしません。

今回もそのシーンを期待して「ダーティーハリー4」をみはじめたのです。

期待のシーンはカフェに入った強盗の反撃を諦めさせるシーンでした。

……

私は山田康夫も好きなので、いつも吹き替え版を観ています。

しかし、決めゼリフのシーンに山田康夫の声はありませんでした。

「ダーティーハリー4」では「撃て 望むところだ」と翻訳されていたのです。

……

山田康雄の声が入っていないということは、テレビ放送ではカットされていたのではないでしょうか?

決めゼリフの一番良いシーンをカットするとは、なんて悲しいテレビ放送だったんでしょうか。

今の私だったら、とっても物足りない感じがしたと思います。

ダーティハリー4

ダーティハリー4 [Blu-ray]
ダーティハリー4 [Blu-ray] image by Amazon

「ダーティーハリー4」はソンドラ・ロックの演技も見物です。

まるでホラー映画をみているような感じでした。

10年前に暴行された復讐のため、殺人者となった女性の役は恐ろしい雰囲気をまとっていました。

ソンドラ・ロックの演技がなかったら「ダーティーハリー4」はつまらないものになっていたことでしょう。

……

名脇役のアルバート・ポップウェルもいつも通り登場。

(アルバート・ポップウェルは「ダーティハリー」から「ダーティハリー4」まで、違う役柄で出演しています。)

「ダーティハリー」では悪役だったのに「ダーティハリー4」ではハリー・キャラハンの同僚になってました。

「ダーティハリー4」でのポップウェルの登場は、まるでハリーを殺すために近づいてくるような演出でした。ちょっとしたお遊びですね。

……

「ダーティハリー4」を観た後は「ダーティハリー」を観てしまいました。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

ダーティハリー4 [Blu-ray]

※Amazonにリンクします。