心に響かなかったホンダF1活動終了会見。地に落ちたホンダブランド。

Photo by nhayashida

 

コロナ禍で懸念されていた2022年以降のホンダのF1参戦は結局「終了」となってしまいました。F1からの完全撤退を意味します。

2050年までに二酸化炭素の排出をゼロにする「カーボンニュートラル」を目標に掲げた会見も、矛盾だらけのように感じました。

マクラーレンに見限られ、ホンダパワーユニットを使用するチームは、もうないのではないかと言われてまでF1参戦を続けたホンダ。

やっとF1チャンピオンを狙えるチーム、レッドブル組んだのもつかの間、あっさりと「終了」してしまうとは。

残念というより悲しいです。

参照 ホンダ F1撤退 記者会見(質疑応答)(f1-gate.com)

スポンサーリンク

ホンダ、2050年に向けてのカーボンニュートラル?

今回のF1活動終了は長期計画「2050年カーボンニュートラルの実現」にむけてだということを八郷隆弘社長は強調していました。

このことがどうしても空々しく聞こえてくるのです。

「レースはホンダのDNA」という理念も虚しいです。

フォーミュラEに参戦するわけでもなく、インディについては少なくとも2030年までは継続することを発表しています。

ならば、なぜF1だけやめるのでしょう。

F1の現在のパワーユニットはハイブリッドであり、その技術力はカーボンニュートラルを実現していくために欠かせない技術と言いたいようですが、それならF1は継続すべきなのではないでしょうか?

メルセデスはF1参戦の効果を積極的に市販車に投入する計画を持っています。

メルセデスの動きを知っていれば、ホンダの目標は全く説得力を持たないはずです。

メルセデスの取り組み

メルセデスはカーボンニュートラルを2039年を目指して推し進めています。
ホンダよりも10年早いわけです。

カーボンニュートラルを目指した技術「有機バッテリー」はすでにコンセプトカーに採用されています。

さらにメルセデスはF1の技術を市販車に導入することが決まっています。

エレクトリック・エキゾースト・ガス・ターボチャージャー(EFGT)というのがそれです。
モーターでコンプレッサーの回転を高めて、ターボラグをなくすることができます。

このEFGTはF1のMGU-Hをそのまま市販車に投影した技術です。

メルセデスの取り組みを知った上でホンダの動きを評価すると、かなり遅れていることが分かります。

実際、F1でもメルセデスには勝てないわけですが…

ホンダにもF1参戦をもっと現実の業績に繋げてほしかったと思います。

ホンダはメルセデスに負けたまま

今回のF1活動を終了するという決断によって、ホンダはメルセデスに勝つチャンスを失ってしまいました。

一般の市場において、メルセデスに立ち向かうことは、ほとんど不可能でしょう。

F1という限られた世界なら、再び世界制覇も可能だと思って応援を続けてきたのですが、この6年のエネルギーはかなり虚しいものになってしまいました。

「一つの目標であった優勝」と言われようとは思いませんでした。
一つのレースの優勝などF1参戦の目標ではなかったはずです。

チャンスは2021年のみ

ただしホンダの活動は来年もあります。
新しいパワーユニットも投入されます。

もし2021年、F1という世界最高峰の舞台でメルセデスに勝つことができれば、ホンダは輝かしいブランドとして世界に認知されることになると思うのですが…

それも夢物語です。

継続することが夢を終わらせないことだったのです。
負けてもチャレンジする意思がホンダだと思っていたのですが…

会見によってモヤモヤした感情だけが残りました。
ホンダはF1撤退を誰でも考えつきそうな当たり障りのない理由にしてしまったことが許せませんでした。
怒りすら覚えます。
ホンダエンジンを応援する気も失せました。

いっそ、コロナ禍で「撤退」と言ってくれた方が気持ちがよかったと思います。

我ながら、ここまで失望するとは思ってもみませんでした。
ホンダは「The Power of Dreams」じゃなかったということです。

レッドブルを置き去りにするような撤退にならないことを祈ります。

© bluelady.jp



コメント

  1. 中村 より:

    管理者LIN様
    おはようございます。

    2014年から始まった現在のPUですが、2025年までの予定なので最後まで続けて欲しかったです。
    ホンダは1年遅れの2015年の参入で、他のサプライヤー(メルセデス、フェラーリ、ルノー)に対して初期は遅れを取りハンディを背負っていましたが、良くここまで追い付いて来ただけに残念です。
    レッドブルとアルファタウリ(トロロッソ時代も含め)と言う
    これ以上無いコンストラクターと組めたのも良かった。
    今シーズン残りと来シーズンで見納めになりますが、
    引き続き応援見守っていきたいです。

    マックス・フェルスタペンは、
    2021年を最後にレッドブルを卒業して他のチームに移籍しても誰も批判を言わないのでは無いでしょうか?
    フェラーリ、ルノーのPUではメルセデスに追い付けない。

    • Lin より:

      中村さん、ありがとうございます。
      レッドブルにホンダF1の知的財産権を買い取ってPUの自社開発して欲しいです。
      ホンダの技術者を大量に引き抜くことができるかな?

  2. 中村 より:

    ありがとうございます。
    そうですね。
    どこかスポンサー付いてバッジネームで、ホンダPU継続という形で?TAGポルシェの様に、TAGホンダのネーミングですね(^.^)
    ホンダの田辺さん達、PU開発スタッフをレッドブルグループにリクルートして。
    ホンダに残ってもレース関連以外の仕事させられる?

  3. 中村 より:

    フェラーリPUが勢い無くしているので、
    ホンダPUの技術(開発スタッフ込み)を生かせる手段ないでしょうか?
    ラウダ亡き後、ゲルハルト・ベルガーがフェラーリのテクニカルアドバイザーとなって、
    ホンダとフェラーリの仲人の役割をする。
    そこで田辺氏をフェラーリのPU部門のエンジニアとして迎え入れる。
    ベルガー氏と田辺氏は、マクラーレンホンダ時代コンビだったので。

  4. 中村 より:

    管理者Lin様

    こんばんは。お久しぶりです。
    今シーズンF1も全17レース中2/3を消化して残り5レースとなりました。時が経つのが早いでしょうか?

    本日エミリア・ロマーニャGPと聞いてピンと来ないのでしたが、
    あのサンマリノGPイモラサーキットだったのですね。
    第2のイタリアGPの様な存在で、フェラーリ活躍の見せ所と活きたいのですが?
    しかしサンマリノ、イモラと言えば
    1994年のセナとラッツェンバーガーの悲劇を思い出します。
    特にセナが高速タンブレロをウィリアムズルノーFW16で駆け抜けるシーン(フル加速でボトミングしながら火花を飛ばしていた)は今でも忘れられません。
    今のレッドブルホンダRB16のようにドライブの難しいマシンでした。
    もうすぐ予選ですね(^.^)

    • Lin より:

      中村さん、ありがとうございます。
      今日は決勝ですね。

      実は一昨日、ハードな仕事をこなしまして、疲労困憊です。
      決勝をみる元気もなく、今日は早めに寝ます。

      明日も仕事がハードです。

      翌々日まで疲労が残るとは…
      情けないです。

  5. 中村 より:

    いえいえ。
    お疲れ様です。
    ゆっくり休んで明日に備えて下さい。

    力が湧く決勝結果を楽しみにしましょう(^.^)

  6. 中村 より:

    こんばんは。
    ハミルトンの7回目ドライバータイトル決まりましたですね(^.^)
    フェルスタッペンもですが、ボッタスも阻止出来なかった。
    全く歯が経たず死角無し。
    来年もメルセデスで8回目タイトル有力ですね。
    その後で引退するか?他チーム移籍するか?

    • Lin より:

      中村さん、ハミルトンの凄さがわかったレースですね。
      ハミルトンは雨には弱いみたいです。
      でも、最後には優勝してしまうんですから、すごいです。
      セナ+プロストみたいな感じです。どちらかというとプロストよりかな。

  7. 中村 より:

    ハミルトンは、
    セナとプロストの良い所取りしたハイブリッド型ドライバーですね(^.^)
    でも残り3レースを手抜きしない、消化レースとしないところはセナ的ですね。
    プロストでしたらタイトル決めてしまえば優勝狙いませんでした。
    ハミルトンにはメルセデス以外のマシンもドライブして貰いたいぐらいです。
    特にレッドブルのようなハイレーキ型のF1マシンに?

  8. 中村 より:

    話が違いますが、コロナ渦が無ければ、
    いつかトルコのイスタンブールに旅行したいと思いました。
    本場のケバブ料理やサバ魚のサンドイッチ(レモンをたっぷり絞るそうですね)を食べたいです(^.^)
    イスラムの国なのにヨーロッパの雰囲気も漂っていますね。

    後はバザールで、日本語の上手なトルコ人と会話して楽しんだり(トルコ絨毯を買わせたりしたりして)
    面白い国そうですね。

  9. 中村 より:

    管理者Lin様

    お久しぶりです。
    私も色々忙しくて、コメントが御無沙汰になりました。
    お元気でしょうか?

    今シーズンF1終わりましたね。
    色々ありましたが(グロージャンの事故、ハミルトンのコロナ感染で欠場、ペレス初優勝、最終戦マックスのポールtoウィン)

    早速ペレスのレッドブル加入決定しましたね。
    マックスとのコンビで強力なラインナップが出来ました。
    メルセデスのハミルトン&ボッタスに対抗出来る体制が整った?
    アルボンは、シーズン全て良く頑張りましたが、
    来年リザーブ兼テストドライバーとして残れるので、レギュラーからは外されましたが順当なところでしょうか?

    来年は、ホンダ最後のシーズンで現行F1レギュレーション最終でもあるので(2022年から全く新しい車体レギュレーション始まる)期待高まりますが、開幕戦蓋を開けて見たら?やはりとは成らない様に祈っています。
    そう言う意味で最終戦レッドブルホンダ、マックスのポールtoウィンは来年の前哨戦として大きいです。
    それにハミルトンがコロナ感染で欠場した事が、常勝メルセデスの潮目変化を感じます。
    開幕戦をレッドブルホンダが制したらメルセデスを慌てさせられる?
    そんな期待を予感させる最終戦でした。

    • Lin より:

      中村さん、ペレスで良かったです。
      来シーズンは角田を含めて期待したいです。
      ただ、エンジンがバージョンアップされるみたいなので、信頼性は大丈夫か心配です。
      2022年のレッドブルのエンジンがホンダPUを引き継げるように祈ってます。

      • 中村 より:

        そうそうアルファタウリの角田選手決まりましたね(^.^)
        ガスリーのチームメイトになりますが、予選でいきなりタイムを上回ると凄い事になりますね。
        ガスリーの方が先輩でF1経験が武器となるので、簡単にルーキーに追い越させないでしょうね。

        ホンダPU継続問題は、まだ時間かかりそうですが、2022年のマシンの準備もあるので結論を長引かす事は出来ないですね。
        それによってマックスの進退(レッドブルを離れてメルセデスへ?)にも影響出てくる。
        私も、同感でホンダPUをレッドブル名義で引き継い欲しいです。
        ルノーPUだと再びカスタマーチームとして冷遇されてしまう。

        2021年型RA621Hは、数年分先取りした仕様と言われていますね。

  10. 中村 より:

    来シーズン全チームのラインナップが決定しました(ただ1人登録だけで正式決定がまだ)
    同じチームに引き続きドライブする者、移籍する者、初めてF1デビューする者、久しぶりにF1復帰する者。
    ルーキー角田選手が、ルノーで元ワールドチャンピオンのアロンソとマッチアップするシーンを新春初夢に見たいと思っています(^.^)
    やはりメインは、レッドブルホンダのマックス&ペレスとメルセデスのハミルトン&ボッタスの全面対決を中心に展開するF1ですね。
    ハミルトンを自由にレース展開させるのを阻止すれば、コンストラクタータイトルとドライバータイトル両方奪う事出来る?(ベッテル以来の2人目、レッドブル所属のチャンピオン誕生)
    ハミルトンとマックスが直接対決出来て、ペレスがボッタスを押さえればメルセデスのレース戦略にも綻びが生まれる?

    何だか私だけが先走って申し訳ありません。
    まだまだレッドブルとマックスのWタイトル諦めててはダメですね。

  11. 中村 より:

    管理者Lin様
    年が明けて以来、ご無沙汰しております。
    お元気でいらっしゃいますでしょうか?

    2022年以降PUの開発凍結が決まり、レッドブルとアルファタウリのホンダPU継続使用が出来る事になりましたですね。
    それから、ようやくハミルトンのメルセデス契約が決まりましたが、1年限りとは驚きですね?
    複数年では無かったです。
    いよいよハミルトンとメルセデスの関係にも終焉が来たでしょうか?
    ハミルトン自身も引退か?
    ともかく次世代PUになる2025年になるまでの3年間(2022年~2024年)PUの目処が立ったのが本当に良かったと思います。ルノーは残念で悔しい思いだったでしょうか?
    2021年もメルセデスとハミルトンがトップコンテンダーとなって勢い続くと思いますが、
    簡単にタイトル取らせないレース展開を期待、楽しみにしています。
    それを阻止する有力チームとドライバーは、もちろん
    レッドブルのマックスで、ペレスと言う協力なチームメイトが控える。
    それ以外にも、
    大好きなベッテルが、いよいよメルセデスPUを手に入れてアストンマーチンで、もう一度レッドブルで果たしたタイトルに挑む(自身5回目のドライバータイトル)
    それに同じくメルセデスPU初めてのマクラーレンへ移籍したリカルド、
    ルノー(アルピーヌ)で復活するアロンソ、フェラーリのルクレールとサインツ、
    ルーキーで活躍が期待されるアルファタウリの角田
    多くのドライバーが妥当メルセデス、ハミルトンに挑戦する?

    ワクワクして開幕戦が楽しみです。
    今年も宜しくお願い致します。

    • Lin より:

      中村さん、ありがとうございます。

      私も開幕が楽しみです。
      アロンソは怪我してしまったみたいですが、開幕には大丈夫みたいですね。

      今年もメルセデス一強にならないように、フェラーリ、レッドブルともに頑張って欲しいです。

      2022年以降もホンダのエンジンを使うレッドブルを応援します。

  12. 中村 より:

    ありがとうございます。
    ホンダPU継続によってマックスの2022年以降もレッドブルに残ってドライブ続ける可能性上がったかと思いますが、今シーズンどれくらいメルセデスとハミルトンに近づけるか?次第ですね。

    ハミルトンが8回目タイトル獲得してシューマッハの記録を破り引退するか?
    それを阻止してハミルトンに引導を渡せるか?
    メルセデス、レッドブルホンダ双方のセカンドドライバーであるボッタスとペレスの役割、活躍が鍵を握っている感じですね。
    ハミルトンがボッタスの援護アシストを受け難い状況になれば簡単にレース運びさせて貰えないので、
    2019年、2020年のような圧倒的優勝回数稼ぐ事も難しい?
    ハミルトン単独だけで決める能力が試される?
    予選でハミルトンとボッタスの間に、マックスとペレスが割り込むポジションだと面白い展開いになりますね。フロントローはハミルトンとマックス、セカンドローはペレスとボッタスと言う位置付けで。

    上手くポイントを獲得すればレッドブルホンダのコンストラクタータイトルだけでもメルセデスから奪う事も可能ですが、その分リタイアやポイントの取りこぼしは許されないですが?

    アルファタウリホンダも中団グループで、マクラーレンやアストンマーチン、アルピーヌ、フェラーリと争う。
    ホンダ自身が参戦する最後のシーズンとしては、最高の舞台です。

  13. 中村 より:

    私が送りましたコメントの文章で、再度読み返したら
    「ペレスと言う協力なチームメイト」は書き間違いで
    「ペレスと言う強力なチームメイト」が正解ですが、
    シャレでは無いですが、
    協力なチームメイト?→マックスにとっては嬉しい?
    強力なチームメイト?→マックスにとって手強いか?
    ってなりますね。笑
    どちらにしても、F1キャリア経験豊富でタイヤマネジメントも上手いペレスをチームメイトにしたのはマックスにとっても武器になると思います。
    昨年はメルセデスのハミルトンとボッタスの2人でマックスを押さえ込んたが、今度はメルセデス2人対レッドブルホンダ2人で戦える。

  14. Lin より:

    やっと2021年F1始まりました。
    角田期待してます。

    • 中村 より:

      管理者Lin様

      お久しぶりです。
      2021年F1開幕戦バーレーンGPスタートしましたね。
      マックス、開幕戦ポールtoウィン達成出来なかったですが、これからが楽しみです。
      昨年まで圧倒的だったメルセデスがスロースタートですね。
      でもハミルトンの優勝は、さすがに7回王者と言った感じです。
      ハミルトンの開幕戦優勝は久しぶりです。

      アストンマーチンに移籍したセバスチャンは、まだ眠っている?
      移籍組ではマクラーレンのリカルドが調子良い感じです。
      レッドブルホンダに移籍したペレスは、まだマックスを援護アシストするまで時間必要ですが、
      必ずRB16Bを扱い慣れると信じています。
      あとフェラーリのサインツ、アルピーヌ(ルノー)のアロンソは、これからですね。
      アルファタウリの角田選手、9位初ポイントゲットでしたね。

      次は第2戦イモラサーキットですね。
      次もマックスの連続ポールと今シーズン初優勝ですね。

      • Lin より:

        中村さん、今年は待ちに待った期待できるシーズンになりそうですね。
        レッドブルはホンダをリアウイングに刻んでくれたし、チーム名もレッドブル・ホンダになりました。
        やっぱりエンジン技術を引き継いでくれる、ホンダに感謝してのことでしょう。
        今年、チャンピオンになったら、撤退しても伝説になりますね。
        もう、応援するしかないでしょう。

      • 中村 より:

        私も同意件です。
        アルファタウリもレッドブル同様にホンダのロゴをリヤウイングに載せてくれた。
        マクラーレンと決別した後で、真っ先に声をかけてくれた当時のトロロッソ。レッドブルへの仲介、架け橋にもなってくれたのでホンダにとっても大切なパートナーでしたね。
        レッドブルとアルファタウリとホンダの連合艦隊って感じですね。

  15. Lin より:

    マーティン・ブランドル懐かしいです。

    • 中村 より:

      マーティン・ブランドルは、イギリスF3ではセナの好敵手でしたね。
      F1デビューも同じ同期でしたが、セナと違って中堅チーム(ザクスピードなど)渡り歩いて、やっとブラバム→ベネトン→マクラーレンで優勝出来るチーム、マシンに巡り合えましたが、チームメイトが次世代シューマッハやミカ・ハッキネンでした。
      優勝実績としてはF1よりもグループCのジャガーで達成したのが印象的でした。ジャガーチームのトム・ウォーキンショウとの縁でベネトンに加入しましたね。

  16. Lin より:

    絶対無理と思っていた撤退間際のチャンピオン獲得が可能かもしれませんね。
    期待してます。

    • 中村 より:

      ダブルタイトル(ドライバー、コンストラクター)は難しいかも知れないですが、ドライバータイトルだけでもマックスの可能性は充分期待出来ますね。
      そのためにも23戦全て、取りこぼしも無く最低でも表彰台圏内が必要だと思います。
      ハミルトンは過去2年間で優勝回数はもちろん、全戦ポイントゲットしました(昨年1試合だけコロナ感染で欠場レース除いて)
      ハミルトンは勝負強く取りこぼしが無い?

      コンストラクタータイトルは、両チームのセカンドドライバー、ボッタスとペレスが鍵を握っていますね。

      • Lin より:

        ボッタスよりペレスが上だと思います。

        • 中村 より:

          ペレスはタイヤマネジメントが優れているので決勝は良いのですが、予選が得意では無い?
          レッドブルホンダRB16Bを手にしたのでセカンドローは獲得して欲しいですね。
          シーズン中にマックス&ペレスでフロントロー独占して、セカンドローのメルセデスのハミルトン&ボッタスを従える光景シーンを見たいものです。
          ペレスがボッタスとマッチアップすれば、マックスとハミルトンの一騎討ちが増える?

          • Lin より:

            中村さん、ホンダPUにはソフトウェア的なトラブルがあったそうです。
            万全ならペレスは速いと思います。

            ペレスがボッタスをくうようでないといけませんね。

            開幕戦を見る限りではレッドブル・ホンダが優勢ですが、メルセデスが息を吹き返さないとも限りません。

            こういうドキドキのシーズンを待ってました。

            しかし、相変わらずベッテルの元気がないのが気がかりです。

  17. 中村 より:

    本当にベッテルらしく無いと言うか?
    アストンマーチンに移籍して、まだチームとマシンにフィットしていないのか?
    気分が乗れば最高のパフォーマンスを出すドライバーなのですが、
    グリーンメルセデスは、シルバーメルセデス本家と共に今シーズン苦戦が予想されるとの噂。
    同じメルセデスPUに変更したマクラーレンの方は、リカルド共に開幕戦は悪く無かった。
    新しいチームに移籍したドライバーの明暗が分かれるところです。

    メルセデスのメリットとしてハミルトン&ボッタス体制が5シーズン続いているところでしょうか?
    ホンダPU心配ですね。

タイトルとURLをコピーしました