イギー・ポップ「ラスト・フォー・ライフ(欲情)」「イデオット(愚者)」の紙ジャケット・SHM-CD購入


image photo by Jean-Luc Ourlin 

イギー・ポップのアルバムのうち3作品でデヴィッド・ボウイがプロデュースとして参加しています。

それが「ラスト・フォー・ライフ(1977年)」「イデオット(1977年)」「ブラー・ブラー・ブラー(1986年)」です。

デヴィッド・ボウイが「ロウ」、「ヒーローズ」をリリースした時期と同時期の「ラスト・フォー・ライフ」と「イデオット」はイギー・ポップのアルバムの中でも最も輝きを放つ作品です。

「ブラー・ブラー・ブラー」についてはデヴィッド・ボウイが音楽的に迷走し始める時期ですので、「レッツ・ダンス」「トゥナイト」あたりのサウンドに近いものがあります。

イギー・ポップが好きならば「ラスト・フォー・ライフ」と「イデオット」は決して外せません。

私もこれらの作品は早くから聴いていました。

ところが、私が買った頃のCDは決して音がいいとは言えない代物だったのです。

スポンサーリンク
AdSence

2014年、SHM-CDバージョンの「ラスト・フォー・ライフ」と「イデオット」

そこで、2014年に発売されたSHM-CDバージョンのCDを購入することにしました。

このCDは以下の仕様で、コレクション意欲をくすぐります。

  • 2014年デジタル・リマスタリング
  • 紙ジャケット
  • SHM-CD
  • USオリジナルLP盤ジャケット
  • 日本盤LP初回帯

ジャケットで目を引くのは「ラスト・フォー・ライフ」がモノクロになっていることです。
「イデオット」もそうなので、兄弟アルバムとしては完璧です。

それに「日本盤LP帯」が面白いです。

「ラスト・フォー・ライフ」は「欲情」、「イデオット」は「愚者(おろかもの)」と題されていますし、「ラスト・フォー・ライフ」は「ハード・メタル・ロック」、「イデオット」は「ハード・メタル・サウンド」となっています。

これらのアルバムがどちらも「ハード・メタル」に分類されていたことに時代を感じますね。

……

本来の目的であった音質も、もちろん向上しています。

買い直して良かった…と思わせてくれるCDでした。

……

これらのアルバムをネットショップで買おうとすると「イデオット」が入手困難になっています。

私はタワーレコードの店頭取り寄せで注文しました。

まだ、店頭には残っているみたいですので、電話で予約すれば「ラスト・フォー・ライフ」も「イデオット」も手に入れることが出来ます。

ネット通販で在庫切れのショップが多いので、あわせて手に入れたい方は、急いだ方がいいと思います。

映画「ギミー・デンジャー」でイギー・ポップ熱が上がった方に、「ラスト・フォー・ライフ」と「イデオット」のSHM-CD盤はおすすめです。

急いでお近くのタワーレコードに問い合わせした方がいいですよ。(2017.9.21現在)

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン