ニュー・オーダーのボーカル:バーナード・サムナーは歌が下手なのか?


image photo by Chad Kainz 

ニュー・オーダーの2回目の記事です。

1回目の記事を書いたところ、「koicさん」と「Jさん」にコメントを頂きました。

image photo by MNPHNC GRRRL  私はスタジオ・アルバムを2枚と2枚組のベストアルバムしか持っていませんが...

そのコメントでお二方とも薦められていたのが「ブラザーフッド(Brotherhood)」でした。

これは、是非聴いてみなければ…ということになりました。

スポンサーリンク
AdSence

ブラザーフッド(Brotherhood):1986年

Brotherhood
Brotherhood image by Amazon

私が買ったもののジャケットは上記のようなものではなく赤い太い線が一本入っているだけのシンプルなものでした。(「Get Ready」の人を削除したようなジャケット)

……

私は洋楽のボーカルで歌が下手かどうかは、あまり気にしていません。

しかし、「Jさん」のコメントにあるようにニュー・オーダーはひょっとすると歌が下手かも知れないと思います。このアルバムは特に。

ボーカルはバーナード・サムナーです。

Brotherhood

  1. Paradise
  2. Weirdo
  3. As It Is When It Was
  4. Broken Promise
  5. Way Of Life
  6. Bizarre Love Triangle
  7. All Day Long
  8. Angel Dust
  9. Every Little Counts
  10. State Of The Nation

※「State Of The Nation」はボーナス・トラックのようです。

しかし、ボーカルの上手い下手にかかわらず、このアルバムを気にいってしまいました。

10曲中7曲が三つ星以上です。

こんなアルバムは滅多にありません。

私は「Angel Dust」が最も好きです。

他にも「Paradise」「Weirdo」「Broken Promise」「Bizarre Love Triangle」「All Day Long」「State Of The Nation」はどれもお気に入りです。

おそらくニュー・オーダーの曲にボーカルの善し悪しはあまり関係ないのだと思います。

これはいいアルバムでした。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Brotherhood
ジャケットは赤線のみでした。

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

コメント

  1. koic より:

    気に入っていただけて安心しました(笑)
    よろしければ Joy Division の「Unknown Pleasures」もいかがですか?
    ちょっと曲調が暗いですけど(^^;

    • Lin より:

      koicさん、ありがとうございます。
      Joy Divisionは「ニューオーダー+マニックストリートプリーチャーズ」あるいは「ニューオーダー+デペッシュモード」みたいな感じですね。

  2. J より:

    下手なのがいいんですよ笑 声質は最上級ですし!

    本編ラスト曲「every little counts」の出だしで
    「君といるとき、僕は君を豚だと思ってる。動物園にでもいけよ」と歌って自分で吹き出してるとこがウケます笑

    • Lin より:

      Jさん、ありがとうございます。
      このページの記事はずいぶん前に書いたんですけど、アップのタイミングがなく遅くなりました。

      あの笑いはそんな感じなんですね。
      そのまま収録されたのがすごいです。