デュラン・デュラン「ペイパー・ゴッズ」は5年ぶりの新譜! ナイル・ロジャース、ジョン・フルシアンテ参加で期待しましたが…

6296217117_fc0a08e56d_b
image photo by fauxto_digit 

デュラン・デュランの新譜が発売されていました。
5年ぶりとなるアルバム「ペイパー・ゴッズ(Paper Gods)」がそれです。
前作を買いそびれてしまったので、「レッド・カーペット・マサカー(Red Carpet Massacre)」以来のアルバム購入となりました。

スポンサーリンク
AdSence

豪華ゲスト&プロデューサー陣

Paper Gods
Paper Gods image by Amazon

購入理由1:ナイル・ロジャース

このアルバムを購入した理由ですが、まず一つはプロデューサーがナイル・ロジャースだと思ったから。
デュラン・デュランは「ノトリーアス(Notorious)」が大好きなんで、ナイル・ロジャースに期待してしまいました。

ところが、彼がプロデュースしているのは全部じゃないんですね。

プロデュサーがなんと4人も関わっています。

  • ナイル・ロジャース
  • マーク・ロンソン
  • ジョシュ・ブレア
  • ミスター・ハドソン

ナイル・ロジャースがクレジットされているのは

  • Pressure Off
  • Only In Dreams

のみ。
この点はちょっと期待外れ。

購入理由2:ジョン・フルシアンテ

購入の理由のもう一つはジョン・フルシアンテがギターで参加しているから。

ところが、フルシアンテの参加も一部に留まっています。

  • What Are The Chances?
  • Butterfly Girl
  • The Universe Alone
  • Northern Lights [Bonus Track]

16曲中4曲です。

その他のゲストは

  • ジャネール・モネイ
  • リンジー・ローハン
  • ヨーナス・ビエーレ
  • カイザ

Mewは大好きなんでヨーナス・ビエーレの参加はうれしいです。
なにかとお騒がせなリンジーも…

しかし、ここまで色々な人たちが関わっているので、やっぱり雑多な感じに仕上がっています。

1度しか聞いてないので、先入観があるかもしれませんが…

この曲が好き

私が好きなのは

  • What Are The Chances?
  • The Universe Alone

です。

私のデュラン・デュランの趣味は「ノートリアス(Notorious)」「ザ・ウェディング・アルバム(The Wedding Album)」「ポップ・トラッシュ(Pop Trash)」といったところですので…

今回のアルバムはちょっと違ったかな。

もちろん、初期のデュラン・デュランは別格で好きです。

ポップ・トラッシュのこと

Pop Trash
Pop Trash image by Amazon

2000年にポップ・トラッシュが出たときはたまげました。
私はデュラン・デュランといったら

  • Is There Something I Should Know?
  • The Reflex
  • A View To A Kill
  • Girls On Film
  • Planet Earth
  • Wild Boys

のような曲を想像していましたから、まったり系の曲が詰まった「ポップ・トラッシュ(Pop Trash)」を聴いた時は

「これがデュラン・デュランか?」

と信じられない思いにかられました。

でもこのアルバムは聴けば聴くほど味のあるアルバムで今でもお気に入りです。

でも、やっぱり一番は「ノートリアス(Notorious)」であることは変わりません。

Notorious
Notorious image by Amazon

…ペイパー・ゴッズ(Paper Gods)も耳に慣れると傑作に思えてくるのでしょうか?

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Notorious
デュランはやっぱりノトーリアス

by Amazon

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン