デヴィッド・ボウイ周辺のアーティストたち②(TV オン・ザ・レディオ、カシミール、フィールズ)

TV On The Radio
image photo by Side Stage Collective 

デヴィッド・ボウイのファンになってから、私にも「手当たり次第」の時期がありました。
デヴィッド・ボウイのブートや過去のボックスセット等を探し続ける日々が続きました。
ヤフオクでもたくさんのボウイの作品を購入したと思います。

そのなごりで、「ボウイが参加したらしい」とか「ボウイが好きらしい」という言葉に敏感になってしまいました。

今ではそれほどでもないのですが、「ボウイが…」というだけで購入したアルバムとアーティストを紹介しておきます。

スポンサーリンク
AdSence

TV オン・ザ・レディオ(TV On The Radio)

TVオン・ザ・レディオのアルバムは、このテーマ(デヴィッド・ボウイ周辺のアーティストたち)のページを書こうとして、私のiTunesライブラリを探していて見つけました。

リターン・トゥ・クッキー・マウンテン(Return To Cookie Mountain):2006年発表

リターン・トゥ・クッキー・マウンテン
リターン・トゥ・クッキー・マウンテン image by Amazon

「デヴィッド・ボウイが参加」というPR文句に誘われて購入したものです。
デヴィッド・ボウイも何かのインタビューで紹介していたかもしれません。

このアルバムは、あまり聴いてないようです。
まったく記憶にありませんでした。

Province」のコーラスはボウイの声です。他の曲は聞き分けにくいですね。
ライナーに書いてあるかもしれませんが、CDが見つからない…

改めてきいてみると、なかなか良いですね。
今までスルーしていたのが惜しい気がしました。

カシミール(Kashmir)

TVオン・ザ・レディオと同時期に知ったデンマークを代表するロックバンドです。
このバンドは私の趣味にドンピシャでした。

ノー・バランス・パレス(No Balance Palace):2006年発表

ノー・バランス・パレス
ノー・バランス・パレス image by Amazon

プロデューサーにトニー・ヴィスコンティ、ゲストはデヴィッド・ボウイとルー・リードなのですから、このアルバムを嫌いになるわけがないですね。

あまりにも美しいサウンドに驚いてしまいました。
このアルバムは何度も聴いています。

デヴィッド・ボウイは「The Cynic」に参加しています。
ルー・リードは?
これもCDが…

デヴィッド・ボウイが参加していなければ出会わなかったアルバムかもしれませんが、参加していなくても最高のアルバムでした。

シティライツ(Zitilites):2004年発表

シティライツ(期間限定)
シティライツ(期間限定) image by Amazon

「ノー・バランス・パレス」がすばらしすぎて、当時発売されていたこのアルバムも買ってしまいました。
これもいいのですが、「ノー・バランス・パレス」に比べるとインパクトに欠けます。

しかし、素晴らしいバンドだと実感しました。

フィールズ(FIELDS)

フィールズは確かボウイが「最近よく聴いている」と、ずいぶん前に何かのインタビューで言っていた記憶があるのですが…

Everything Last Winter:2007年発表

Everything Last Winter
Everything Last Winter image by Amazon

アコースティックなのかエレクトリックなのか判別しがたい面白いサウンドが特徴です。
このアルバムはエレクトリック寄りですね。

お気に入りのアルバムです。

8 From The Village:2006年発表

8 From The Village
8 From The Village image by Amazon

オープニング曲は「Song For The Fields」で、アルバム「Everything Last Winter」と同じです。
このアルバムは「Everything Last Winter」のアコースティックバージョンなのではないかと思います。先にリリースされたのがこちらのようです。

どちらかというと「8 From The Village」の方が好きです。


このページで紹介したような新しいサウンドを持ったアーティストとの付き合いが、ボウイの感性をさらに先鋭にしていくことになったと感じます。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

リターン・トゥ・クッキー・マウンテン
これはなかなか良いアルバムです。
ノー・バランス・パレス
美しすぎるサウンドに圧倒されて下さい。
8 From The Village
面白いサウンドです。おすすめです。

※Amazonにリンクします。

コメント

  1. aladdindogs より:

    やまりんさん、私もボウイが参加したアルバムは全て購入しています。
    家に帰りましたら、全リストUPしますね。
    全部ご存知かもですが。

    • Lin より:

      aladdindogsさま
      ありがとうございます。
      なんか楽しみですね。
      たぶん、知らないのがいっぱいあると思います。
      ちなみに「デヴィッド・ボウイ周辺のアーティストたち」シリーズはこの後、プラシーボ、ブライアン・イーノ、ロキシー・ミュージックが続きます。
      もちろん、私が持っているアルバム限定で紹介していきます。

      その後にもう1ページ、ボウイの曲が入っているサントラをやろうかと思っています。
      あれ?もうやっちゃてるかも?
      とにかく「★」が手元に来るまで、ボウイ企画で続ける予定です。

      逆にボウイのアルバムに参加しているアーティストも出来るかも。
      ナイン・インチ・ネイルズやペット・ショップ・ボーイズなど。
      他にも何かと関連づけてボウイ特集やれそうな感じです。

      前に、ミック・ロンソンを中途半端にページに差し込んだのが失敗しました。
      独立ページにしたかったです。

  2. aladdindogs より:

    お待たせしました。
    では、始めます。古い順にいきます。
    「Over The Wall We Go」/Oscar

    「Everthing Is You」
    /The Beatstalkers

    「When I’m Five」/The Beatstalkers

    「Oh! You Pretty Thing」
    /Peter Noone

    「All The Young Dudes」(LP)
    /MotT The Hoople

    「Transformer」(LP)/Lou Reed

    「The Man Who Sold The World」-
    「Watch That Man」/Luru

    「Andy Warhol」/Dana Gillespie

    「To Know Him Is To Love Him」
    /Steeleye Span

    「The Astronettes」(LP)
    /The Astronettes」

    「The Idiot」(LP)/Iggy Pop

    「Lust For Life」(LP)/Iggy Pop

    「Play It Safe」/Iggy Pop

    「Under Pressure」/Queen

    「Blah Blah Blah」(LP)/Iggy Pop

    「Pretty Pink Rose」-「Gunman」
    /Adrin Belew

    「Like A Rollingstone」/Mick Ronson

    「You’ve Been Around」-「The King
    Of Slamford Hill」/Reeves Gabrels

    「Truth」/Goldie

    「Without You I’m Nothing」/Placebo

    「Sector Z」/Rustic Overtones

    「Saviour」/Kristeen Young

    「Isn’t It Evening」/Earl Slick

    「Jewel」/Reeves Gabrels

    「The Cynic」/Kashmir

    「Province」/Tv On The Radio

    「Falling Down」-「Fannin Street」
    /Scarlett Johansson

    「Reflektor」/Arcade Fire

    年代順は多少間違っているかも知れません。あと、今回はLIVEとブートは除いてあります。目新しいものがありましたでしょうか?

    • Lin より:

      aladdindogsさま

      ありがとうございます。
      お手数をおかけしました。
      貴重な資料になりますね。

      この中で、私が持ってないものもたくさんありました。
      以下、聴いたことありません。

      「Everthing Is You」/The Beatstalkers
      「When I’m Five」/The Beatstalkers
      「Oh! You Pretty Thing」/Peter Noone
      「Andy Warhol」/Dana Gillespie
      「To Know Him Is To Love Him」/Steeleye Span
      「Play It Safe」/Iggy Pop
      「Pretty Pink Rose」-「Gunman」/Adrin Belew
      「You’ve Been Around」-「The King Of Slamford Hill」/Reeves Gabrels
      「Truth」/Goldie
      「Sector Z」/Rustic Overtones
      「Saviour」/Kristeen Young
      「Jewel」/Reeves Gabrels
      「Falling Down」-「Fannin Street」/Scarlett Johansson
      「Reflektor」/Arcade Fire

      アーケード・ファイアは「Funeral」と「Arcade Fire [EP]」を持っているのですが、「Reflektor」を逃してました。
      これが少し残念だったかもです。

      イギー・ポップの「Play It Safe」も知りませんでした。これはショックです。
      イギーのアルバムは何故かアリスタ時代のものを3枚とも持ってませんでした。

  3. aladdindogs より:

    やまりんさん、おはようございます。
    イギーがお好きでしたら、ぜひ「ソルジャー」(アルバム)をお勧めします。その中の1曲「Play It Safe」は ボウイとイギーの共作でボウイもバックボーカルで参加しています。
    アルバム自体も軽めのパンクといった感じです。
    アリスタ以降のイギーのアルバムは散漫なイメージが多く、ストゥージズ時代と違って、軽めでPOPなものになっていますが、それもまたイギーらしいですね。
    私も「インスティンクト」「アメリカンシーザー」「スカルリング」あたりが好きですけどね。

    • Lin より:

      aladdindogsさま
      おはようございます。
      ありがとうございます。
      今月はボウイで出費がかさみますので、来月以降で考えます。

      このページにアーケード・ファイアを追加したいと思っています。「Reflektor」持ってないですけど…

  4. Lin より:

    アーケード・ファイアのデヴィッド・ボウイ追悼パレードがすごいことになってます。
    http://nme-jp.com/news/12690/