マクラーレン・ホンダ MP4-30のカラーリング変更。フェルナンド・アロンソ、マクラーレンMP4/4をドライブ。両車を戦わせるとしたらProject CARSみたいなゲームだけかな?(F1 2015)

15342673370_39e1bdcd86_k

photo by nhayashida

マクラーレンホンダのカラーリングがついに変更されました。
なんか強そうです。

スポンサーリンク
AdSence

マクラーレン・ホンダ MP4-30:クロームからグラファイトグレーへ

当初からメルセデスのようなカラーリングに納得がいきませんでしたが、ついに変更になりました。
ホワイトベースになるのかと思っていましたが、なんとグラファイト。
かなり強さが強調されています。
重厚感が増しました。

すこし、残念なのは、フロントから見た感じです。
レッドのラインが2つ見えますが、これがシンプルさを無くしてしまってます。
上のレッドがいらないです。

しかし、上部から見るとこの上のラインがマクラーレンロゴを表しているのがわかりますね。
それに、「サイズ・ゼロ」の特徴的なリヤの絞り込みがすごいです。
(なるべく真正面から見ないでね。真正面以外はカッコイイ。)

このアングルってすごい。蝶の羽化みたいです。

アロンソ、マクラーレン MP4/4をドライブ

マクラーレン MP4/4はアイルトンセナが初のチャンピオンを取ったマシンだ。
1988年マクラーレンは16戦中15勝を上げた。セナvsプロストが最も白熱した年である。
ホンダエンジンは「RA122E」。無敵のマシンだった。
そのマシンをフェルナンド・アロンソが駆ったのである。(マクラーレンとタグホイヤーのパートナーシップ30周年イベント)
なんともエキサイティングな映像となった。

MP4-30に比べるとMP4/4は、かなり車高が低いように見えますね。

F1は2004年のマシンをピークにレギュレーションの変化で段々遅くなってしまいましたが、このMP4/4とMP4-30を本気で戦わせたらどちらが速いのでしょうね?
すごく興味があります。

現実には無理かもしれませんが「Project CARS」みたいなゲームだったら可能かもしれませんね。(ゲーム搭載車種・未調査)

Project CARS(北米版)

Project CARSならAmazon

F1 マクラーレンならアマゾン – Amazon.co.jp