デヴィッド・ボウイ 名曲集「美しきもの(Sweet Thing)」〜「キャンディデイト(Candidate)」〜「Sweet Thing(Reprise)」

デヴィッド・ボウイの70年代の傑作アルバム「ダイヤモンドの犬」の前半のハイライトは「Sweet Thing」「Candidate」「Sweet Thing (Reprise)」の流れです。

この3曲はつなぎ目がなく、まるで長い1曲(8分51秒)のように聴こえます。

これを1曲ととらえると、まるで「Blackstar」のような曲だと思えてきます。
「Blackstar」も中間にポップな曲が挟まれたような構成でした。

「Sweet Thing」「Candidate」「Sweet Thing (Reprise)」の3つの曲は「Blackstar」にも繫がるボウイの楽曲の中でも特筆すべきものだと思います。

このころからデヴィッド・ボウイの曲は驚異的なまでにドラマチックだったのです。

スポンサーリンク
AdSence

美しきもの(Sweet Thing)〜キャンディデイト(Candidate)〜美しきもの(Sweet Thing Reprise)

ページのタイトルを「Sweet Thing(美しきもの)」にしようか、「キャンディデイト(Candidate)」にしようか迷いました。

結局、これらの曲を切り離すことが出来ませんでした。

……

「キャンディデイト(Candidate)」はアルバム「ダイヤモンドの犬」では2分40秒ほどです。

実は、この曲単体で5分を超えるバージョンがあります。

1990年にリリースされたライコ盤と2004年にリリースされた「ダイヤモンドの犬」30周年アニバーサリー・エディションに収録されています。

ダイアモンドの犬 30thアニヴァーサリー・エディション
ダイアモンドの犬 30thアニヴァーサリー・エディション image by Amazon

「キャンディデイト(Candidate)」は単体で聴いてもとてもいい曲です。

しかし、「Sweet Thing」「Candidate」「Sweet Thing (Reprise)」の流れで聴くときのドラマチックさは薄れてしまっています。

ボウイ自身が選曲したコンピレーションアルバム「iSelect」にも「Sweet Thing/Candidate/Sweet Thing」として収録されていますので、やっぱり1曲として考えた方がよいでしょう。

iSelect
iSelect image by Amazon

この3曲、「Blackstar」のように1曲としてリリースしてくれていれば、タイトルを迷わなくてよかったのですが…

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

ダイアモンドの犬 30thアニヴァーサリー・エディション
キャンディデイト(Candidate)単体でもいい曲です。

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン