トム・ヨーク(レディオ・ヘッド)の音楽はサスペリアによく似合う。


image by Eman Rahman

トム・ヨークが音楽を担当して話題となっている2018年版「サスペリア」。

この映画は元々1977年のホラーです。

1973年の「エクソシスト」によってホラーブームが起こり、その流れにのってヒットしました。
しかし、私はホラーは苦手。(「死霊のはらわた」は劇場で観ましたが…)「サスペリア」は観ていないかもしれません。

全く記憶に残っていないのです。

「エクソシスト」は衝撃のシーンの数々を脳裏に浮かべることができるのに、「サスペリア」は何も思い出すことが出来ません。

でも、この予告だけで十分です。

「決してひとりでは見ないでください。」

デヴィッド・ボウイに似ていると噂されたティルダ・スウィントンも出演しています。

それにリメイク「キャリー」のクロエ・グレース・モレッツも出ます。大好きです。

スポンサーリンク
AdSence

トム・ヨークのサウンドトラック「サスペリア」

SUSPIRIA (SOUNDTRACK) [2CD]
SUSPIRIA (SOUNDTRACK) [2CD] image by Amazon

トム・ヨークのソロ作品として話題となっていた「サスペリア」のサウンド・トラック。

発売前から予約していました。

しかし、あまり期待していなかったのです。

トム・ヨークのソロ作品は「The Eraser」「Spitting Feathers」「The Eraser Rmxs」「Tomorrow’s Modern Boxes」などを聴いてきました。

しかし、レディオ・ヘッドの「The Bends」「OK Computer」を聴いたときの衝撃はいつまで経っても得られず、かなり失望していました。

……

この「サスペリア」のサウンドトラックは今までのトム・ヨークのアルバムとは全く別物にきこえました。

サウンドトラックだという認識があるせいでしょうか?
とてもドラマチックなのです。

さらにピアノが美しい。

ホラー映画にふさわしいかどうか分かりませんが、静謐な感じがたまらないアルバムでした。

……

私が購入したのは輸入盤の2枚組CDです。

このクオリティならば、高音質UHQCD仕様の日本盤でもよかったかな。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film) [解説・歌詞対訳 / 高音質UHQCD仕様 / 2CD / 国内盤] (XL936CDJP)

※Amazonにリンクします。