デヴィッド・ボウイ 名曲集「スクリーム・ライク・ア・ベイビー(Scream Like A Baby)」

デヴィッド・ボウイの「スクリーム・ライク・ア・ベイビー(Scream Like A Baby)」は1980年にリリースされた80年代最後のトニー・ヴィスコンティとのアルバム「スケアリー・モンスターズ」に収録されています。

このアルバムには数々の傑作曲が収録されているのですが、あまり話題に上らないこの曲をあえて選んでみました。

スポンサーリンク
AdSence

スクリーム・ライク・ア・ベイビー(Scream Like A Baby)

この曲のボウイの歌唱がとても印象的です。

まるでラップのように、ナレーションのように聞こえます。
異様な力強さもあります。

ギターは緊迫感をあおるように鳴り響き、ドラムは民族音楽のようなリズムを刻みます。

普通ではない傑作なのですが、なぜか話題にならない(ような気がします)。

というのも、「スクリーム・ライク・ア・ベイビー(Scream Like A Baby)」が収録されたアルバム「スケアリー・モンスターズ」には傑作曲が多すぎるのです。

ミチ・ヒロタの日本語が切り裂くように聞こえる「It’s No Game (Part 1)」、ロバート・フリップのギターが荒れ狂う「Scary Monsters (And Super Creeps)」、驚くべき美しさをもったシンセサイザーが印象的な「Ashes To Ashes」、「Fame」にも負けない「Fashion」…と驚くべき楽曲が続きます。

その中にあって、1970年代にアヴァ・チェリーのために書いた「I Am A Laser」を再構築してみせたデヴィッド・ボウイの力量は凄い。

Astronettes Sessions
Astronettes Sessions image by Amazon

People From Bad Homes
People From Bad Homes image by Amazon

「I Am A Laser」はアヴァ・チェリーのアルバム「The Astronettes Sessions」「People from Bad Homes」で聴くことが出来ます。

これらのアルバムは曲順が違うだけだと思います。(私が持っているのは「The Astronettes Sessions」のみ)

興味がある方は聴いてみて。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

SCARY MONSTERS-AND SUP
ボウイの傑作アルバムの一つです!!!!

※Amazonにリンクします。

コメント

  1. J より:

    タイトルの通りの高音のシャウト部分がたまらないです。
    後半がテンポの同じくらいの曲が続くので、評価は前半に集中しているようですがよいアルバムだと思います。
    リードギターの音質がfashionと似ていると思うのですがこっちにはロバートフリップがクレジットされていない。。あのリードはカルロスアロマーなのでしょうか?

    ベタですが、teenage wildlifeも!

    • Lin より:

      Jさん、ありがとうございます。
      このアルバムでもロバート・フリップとカルロス・アロマーが参加しているのですが、ふたりのギターはどれなのか迷う曲がありますね。
      いろいろと資料を調べて見ても分からない場合もあります。
      私の思い込みでフリップとアロマーを間違えている場合もあるかもしれません。