デヴィッド・ボウイが2曲共作。エイドリアン・ブリューの「ヤング・ライオンズ(Young Lions)」


image photo by Burt 

デヴィッド・ボウイが参加したエイドリアン・ブリューのアルバム「ヤング・ライオンズ(Young Lions)」を聴いてみました。

このアルバムにデヴィッド・ボウイは2曲参加しています。

エイドリアン・ブリューはキング・クリムゾンのメンバーとしての方が有名かもしれません。しかし、ボウイファンにはボウイのアルバム、ツアーに参加したギタリストとしての方が通りが良いです。

エイドリアン・ブリューはベルリン三部作の一つ「ロジャー」やライブアルバム「ステージ」に参加しています。

さらにはサウンド・アンド・ヴィジョン・ツアーにも参加していました。

私が「ヤング・ライオンズ(Young Lions)」を聴くのは今回が初めてですが「Pretty Pink Rose」は知っていました。

サウンド・アンド・ヴィジョン・ツアーでデヴィッド・ボウイはエイドリアン・ブリューと共作した「Pretty Pink Rose」を披露していたのです。
ノリのいい曲なので、ライブ向きです。

エイドリアン・ブリューはナイン・インチ・ネイルズの主要なアルバムやシンディー・ローパーのアルバムにも参加しています。
すごいギタリストですね。

スポンサーリンク
AdSence

ヤング・ライオンズ(Young Lions)

Young Lions
Young Lions image by Amazon

エイドリアン・ブリューのソロアルバム「ヤング・ライオンズ(Young Lions)」は1990年に発表されています。

サウンド・アンド・ヴィジョン・ツアーも1990年ですので、同時期になります。

収録曲は以下。

Young Lions

  1. Young Lions
  2. Pretty Pink Rose
  3. Heartbeat
  4. Looking For A U.F.O.
  5. I Am What I Am
  6. Not Alone Anymore
  7. Men In Helicopters
  8. Small World
  9. Phone Call From The Moon
  10. Gunman

全体的にポップな感じの聴きやすいアルバムです。

ギターはやっぱりいいです。
「ロジャー」の雰囲気もあります。
タイトル曲がカッコいいです。

デヴィッド・ボウイがボーカルで参加しているのは「Pretty Pink Rose」と「Gunman」の2曲。

私は「Gunman」の方が好きです。
ギターがエイドリアン・ブリューらしいです。

これを聴くとティン・マシーンにエイドリアン・ブリューが参加していたら、最高だったかも知れないと思ってしまいました。

このアルバムはお気に入りの一枚になりました。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Young Lions

※Amazonにリンクします。