「ジギー・スターダスト」45周年記念ゴールドヴァイナルが来た!やっぱりLPジャケットは味があります。

デヴィッド・ボウイファンとしてはジギー・スターダストのLPレコードを1枚ぐらいは持っていてもいいのではないか…(たとえレコードプレーヤーを持っていなくても)と思って45周年記念のゴールドヴァイナルを買ってしまいました。

昔はLPレコードをいっぱい持っていて(日本のフォークソングばかり)、慎重に取り扱っていたものですが、今では最近購入したデヴィッド・ボウイのアナログ盤しか所有してないという状況。

LP盤はジャケットが大きくて存在だけでも楽しいと思います。

スポンサーリンク
AdSence

ジギー・スターダストのジャケット

The Rise & Fall of Ziggy Stard [12 inch Analog]
The Rise & Fall of Ziggy Stard [12 inch Analog] image by Amazon

ジギー・スターダストのジャケットはイラストのような感じです。

それもそのはず、このジャケット(ロンドンのヘドンストリートの一角)は、モノクロ撮影された写真に色をつけたものです。

写真のままに色づけされた部分ばかりではないようで、ジギー・スターダストの世界観よろしく、現実にフィクションが折り込まれています。

デヴィッド・ボウイの頭上に妙に目立つ看板がありますが、これは脚色されたものです。

これがもともと何の看板だったのか、私の読んだ資料には書いてありませんでした。

……

右下にあるのはなんなのでしょうか?

ゴミ袋のようにも見えます。
色彩としてはもっとも豊かで妙に目立ちます。

LP盤の大きなジャケットでも本当はなんなのか分かりませんでした。

元のモノクロ写真はについて「デヴィッド・ボウイ・イズ」の公式本に何か書いてないか見てみましたが、拾い読みした限りでは見つけられませんでした。

……

裏も同じようなタッチの写真ですが、紙が折れたようなあとがあって味があります。

今のようなデジタル時代では、もうこのようなジャケットが作られることはないでしょう。

それを思うと昔のLPジャケットは貴重ですね。

……

蛇足:このジギーのスタイルを見る度に、私は寺沢武一のコブラを思い出してしまいます。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

The Rise & Fall of Ziggy Stard [12 inch Analog]

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

コメント

  1. aladdindogs より:

    ブートで1963年に録音されたThe Kon-Rad’sのテープがあって7曲入っているんですけど、ボウイのヴォーカルが聞き取れるのは
    「Baby It’s Too Late」1曲だけですが、元々メインヴォーカルではないので仕方ないですが、1964年にDavie Jones With The king Beesとして「Liza Jane」でデビューする前のボウイのヴォーカルは貴重です。

    ブートでも滅多にお目にかかれないですが、
    クリスティーン・ヤングとデュエットした「She Can Do That」もディスクとしてはブート化されていないのが残念です。
    「STEALTH」のサントラバージョンより全然かっこいいのに。
    多分、youtube で聞けると思います。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      YouTubeにはいろいろ貴重なものがアップされていますね。
      「Baby It’s Too Late」はじめて聴きました。

      「She Can Do That」はサントラしか持っていませんでしたが、クリスティーン・ヤングの方が長いし、いいですね。
      これはいつ頃の曲なのでしょうか?

  2. aladdindogs より:

    恐らくボウイがクリスティーン・ヤングのアルバム「Breasticles」に参加した2003年の頃ではないでしょうか?

    • Lin より:

      なるほど、比較的新しいですね。
      「STEALTH」が2005年ですから、クリスティーン・ヤングの「Breasticles」の方が早かったんですね。

      「Breasticles」というアルバムはなかなかいいですね。
      好みです。

    • Lin より:

      クリスティーン・ヤングの「The Knife Shift」にはトニー・ヴィスコンティが関わっているんですね。
      この人のアルバムはメチャメチャ好みなんですけど、デジタルばかりでフィジカルなCDはほとんど売ってないんですね。
      ヴァイオグラフィーもないし、どんなアーティストか分かりませんでした。
      ご存じのことがあれば教えてください。
      よろしくお願いします。

  3. aladdindogs より:

    クリスティーン・ヤングはモリッシーのバックヴォーカルをやってたんですけど、モリッシーと寝たと口走ってモリッシーからクビにされたなんて事がありました。

    才能はありますよね。
    あと、クリスティーン・ヤングでNET検索すると別人のポルノ女優が出てきて、こちらの方が有名みたいですね。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございました。
      アルバムはiTunesで購入するしかなさそうですね。
      「Breasticles」も「The Knife Shift」もとても気にいりました。

  4. aladdindogs より:

    すみません、バックヴォーカルではなくて、9年間!モリッシーのライブの前座をやっていたそうです。