BABYMETALのウェンブリー・アリーナ公演セットリストでプレイリストを作ってみた。The Late Show with Stephen Colbertにも出演! TV番組もいいぞ!!!

BABYMETAL
image photo by brunofoc 

BABYMETALウェンブリー・アリーナ公演のセットリストが分かったので、プレイ・リストを作ってみました。

セカンド・アルバムを聴いてみて、よく分かったのですが、BABYMETALは映像が必要です。

ライブを体験してみたいですね。
ウェンブリーに行けないので、Blu-rayを見るしかなかったのですが…
ライブビューイングもいいでしょうね。(うらやましいです。たこべいさん!)

スポンサーリンク
AdSence

ウェンブリー・アリーナ公演セットリスト

BABYMETAL2
photo by brunofoc 

ウェンブリー・アリーナ公演のセットリスト(初日?)が分かりました。
以下のようになっています。

ウェンブリー・アリーナ公演

  1. BABYMETAL DEATH(BABYMETAL)
  2. あわだまフィーバー(METAL RESISTANCE)
  3. いいね!(BABYMETAL)
  4. ヤバッ!(METAL RESISTANCE)
  5. 紅月 -アカツキ-(BABYMETAL)
  6. GJ!(METAL RESISTANCE)
  7. Catch Me If You Can(BABYMETAL)
  8. ド・キ・ド・キ☆モーニング(BABYMETAL)
  9. META!メタ太郎(METAL RESISTANCE)
  10. 4の歌(BABYMETAL)
  11. Amore – 蒼星 –(METAL RESISTANCE)
  12. メギツネ(BABYMETAL)
  13. KARATE(METAL RESISTANCE)
  14. イジメ、ダメ、ゼッタイ(BABYMETAL)
  15. ギミチョコ!!(BABYMETAL)
  16. THE ONE(METAL RESISTANCE)
  17. Road of Resistance(METAL RESISTANCE)

出典 NME記者が見たBABYMETAL、ウェンブリー・アリーナ公演レポート(NME Japan)

ファーストとセカンドアルバムが交互にバランス良く配置されています。

ファーストと同様「BABYMETAL DEATH」でスタートするとは思ってませんでした。
最後の「Road of Resistance」がアンコール曲です。

実際にこの順でプレイリストを作ってみました。
最初聴いた時にはピンと来なかった「ヤバッ!」が一番のお気に入りです。
大好きな「紅月 -アカツキ-」と並んでいるところもいいです。

「メギツネ」「KARATE」の並びも最高。

エンディングの「THE ONE」はライブだったら言うことないでしょうね。

……

悔しいので、2014年ロンドン公演のBlu-rayを見始めました。

Live in London [Blu-ray] [Import]
Live in London [Blu-ray] [Import] image by Amazon

YouTubeBABYMETALofficial

やっぱり映像がないとBABYMETALを堪能できません。

こんなパフォーマンスを目の前で見たらイチコロでしょうね。

「ACADEMY BRIXTON」公演は今回のウェンブリー同様、「Road of Resistance」がアンコール曲です。

BABYMETALのエンブレム・フラッグを持って登場する3人がカッコイイです。

……

この2年で彼女たちはどう成長したのでしょうか?

今回のセットリストは以前あった日本文化(和)の香りが少し薄れたのかな?

The Late Show with Stephen Colbert

TV番組のBABYMETALもカッコイイ!!

YouTubeThe Late Show with Stephen Colbert

やっぱり映像がいいですね!

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Live in London [Blu-ray] [Import]
ウェンブリー公演が早く見たい。

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

コメント

  1. たこべい より:

    映像ですね、やっぱり。
    日本のマスコミに「アイドル」と一言でくくられるとイラッとくるのですが、「アイドルじゃない。一流のアーティストだ」と言われるのにも違和感があり。「一流のパフォーマーです。でもアイドルでもあるんです。」というのが一番しっくりきます。

    ウエンブリー、、良かったですよ。繰り返しになりますが、2nd の曲、印象が大きく変わりました(特に、ヤバッ・蒼星)。5月にwowow で放映するようですのでぜひ。
    RoR終わりの大歓声と国旗ゆれる客席の風景は忘れられません。ブルーレイ早く出てほしいものです。

    TVのギミチョコもロッキンな感じで良かったですね。

    • Lin より:

      たこべいさん、ありがとうございます。
      「アイドル」は完全否定します。なので「アーティスト」としたいのですが、おっしゃるように「一流」とつくと違和感がありますね。

      また、「プロデューサー」がすごいんだろうとか、バックバンドが誰なのか気になり始めるとBABYMETALは楽しめなくなります。(神バンドは好きですが…)

      BABYMETALは和文化+アイドル文化+洋文化+メタル+歌謡曲+ヒップホップ+……
      何もかも混ぜ合わせて、スゥメタル+ユイメタル+モアメタルの幼くてショッキングなダンスユニットに表現させたことが人々の感動を生んでいるんだと思います。(スゥは歌がうまいと思います)
      舌足らずかも…

      私の場合、小さい子がここまでやるのがすごい…といった感じで胸が熱くなってます。
      親が子を思う気持ちといったらいいのでしょうか?
      純粋に応援したい気持ちでいっぱいになります。

      3人が成長したらやっぱりBABYMETALじゃなくなってしまうんでしょうね。
      咲き誇った後、散ってしまう「桜」みたいな美しいあやうさも感じています。
      そこが最大の魅力かも。