平井和正の命日に雑誌「昭和40年男 特集:俺たちのSF」。PICK UP ARTISTにデヴィッド・ボウイ?

以前から面白いタイトルだと興味を持っていたのが「昭和40年男」です。
いままで買ったことはありませんでした。

公式サイトにいってみると、この雑誌のテーマは以下のように書いてあります。

(省略)

「故きを温ね新しきを知る」──本誌は、昭和40年生まれのための温故知新を提供できる存在になるべく、「ノスタルジックな想い出が呼ぶ共感」を「明日を生きる活力」に変えることを命題に誌面づくりに奮闘中です。

出典:昭和40年男とは?(昭和40年男公式サイト)

このブログのテーマにピッタリかも…と思ってしまいました。

……

そんなところへ2月号のテーマが「俺たちのSF」と知り、平井和正も出ているかも知れないと思い、ついに購入しました。

今日は平井和正の命日です。
この雑誌で追悼したいと思います。

スポンサーリンク
AdSence

昭和40年男 2月号

昭和40年男 2月号
昭和40年男 2月号 image by Amazon

この表紙からすると宇宙戦艦ヤマトの特集のように見えますが、そうではありません。

スター・ウォーズやウルトラマン、ウルトラセブン、ミクロマンやサンダーバードの記事もあります。

そればかりか、ブルース・スプリングスティーンやTO-Y、プロレスなんかもあります。

健康講座として前立腺肥大や膀胱がんの特集まで組んであります。

昭和40年男だけではなく昭和30年代からの男性はこの雑誌に、とても興味がわくのでは?

……

期待したとおり、大森望の記事のなかに「平井和正」の文字もありました。
特集ではなくSF総論として名前があがっただけでしたが…

(省略)

小説の世界でも「S-Fマガジン」は平井和正「ウルフガイ」シリーズなどを愛読する中学生が読者層のメインでしたが、後半になると年齢が上がって、高校生・大学生が主力になっていきます。

出典;昭和40年男 2月号 大森望インタビュー「70年代とはSFファン細分化の予兆の時代でした。」 P019

…残念。

私は高校から大学で平井和正、S-Fマガジンにハマりましたので、後半の部類ですかね?
中学生で平井和正に出会えば人生は豊かでしょう。

などと思っていたら…

なんと、「デヴィッド・ボウイ大回顧展開催中」の文字が!

「昭和40年男的PLAY GUIDE」ページの四分の一を使って紹介してありました。

特集が組んであるわけではありませんが、これは、ちょっとうれしかった。

今はどんな雑誌にも「DAVID BOWIE is」の広告が載っていそうです。この雑誌のように少しだけかもしれませんけど…

……

平井和正もデヴィッド・ボウイも目立ったものはありませんでしたが、雑誌の記事はどれも面白そうなものばかりなので、ゆっくり読むことにします。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

昭和40年男 2月号
※この雑誌には平井和正やデヴィッド・ボウイの特集記事はありません。
平井和正やデヴィッド・ボウイ目的では買わないでくださいね。

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン