ライブを目的に作られた「リアリティ」はデヴィッド・ボウイが目の前でパフォーマンスしているように聴けるアルバム。(ベスト・オブ・ボウイ)

Supro
image photo by TimothyJ 

さて、ベスト・オブ・ボウイのページもあと3つのアルバムを残すのみとなりました。

この「リアリティ」の発表と共に、ワールド・ツアーに出たデヴィッド・ボウイ。
現実に私たちがボウイを目の当たりにする最後の機会を作ってくれました。

ライブを目的に作られたアルバムですし、「ヒーザン」から1年3ヶ月という短期間でリリースされたので、作り込んだ感じはありませんが、デヴィッド・ボウイのアルバムの中では最も自由な感じを持っています。

スポンサーリンク
AdSence

大阪城ホールの記憶が甦ります。

Reality [12 inch Analog]
Reality [12 inch Analog] image by Amazon

デヴィッド・ボウイをはじめて目の前にした大阪城ホールの興奮は現在でも忘れることが出来ません。

そのパフォーマンスを可能にしたのが、アルバム「リアリティ」です。
「ヒーザン」をリリースした直後、ボウイがツアーのためにアルバムを作っている情報が漏れ聞こえてきました。

テーマ性がない故に批評家からはあまり褒められていない気がする「リアリティ」ですが、ボウイはツアーに出たかったからこのアルバムを作ったのであって、ファンにはこの上ないプレゼントだったのです。

Reality

  1. New Killer Star
  2. Pablo Picasso
  3. Never Get Old
  4. The Loneliest Guy
  5. Looking For Water
  6. She’ll Drive The Big Car
  7. Days
  8. Fall Dog Bombs The Moon
  9. Try Some, Buy Some
  10. Reality
  11. Bring Me The Disco King

Bonus Track

  1. Waterloo Sunset

このアルバムの最初の曲「New Killer Star」を聴いたときは本当にうれしかったです。
なぜなら、アルバム「スケアリー・モンスターズ」をこの曲から感じることが出来ました。
一筋縄ではいかないロックをボウイは相変わらず私たちに聴かせてくれているのです。

新しいアルバムを出す度に「スケアリー・モンスターズ以来…」という評が付け加えられてきましたが、このアルバムこそ現実に「傑作」だと予感しました。

「ヒーザン」がどちらかと言えば内省的なアルバムだっただけに、この曲の開放感は新しいボウイを示してくれたのです。

……

ミネラル・ウォーター「Vittel」のCMに使われた「Never Get Old」もキャッチーな曲です。
「Looking For Water」という曲もありますが、こちらは「Vittel」は関係ありません。

このアルバムからは2曲

ライブを目指して作られたアルバムからは、2曲ライブ受けしそうな曲を選んでおきます。
ジョージ・ハリスンのカバー曲「Try Some, Buy Some」も捨てがたいのですが、オミットしました。

まずは「New Killer Star」です。
選曲理由は前述の通り、私にはインパクトがありました。

そして、もう1曲は「Looking For Water」です。
私には「ティン・マシーン」を彷彿とさせるようで、とても好きな曲です。

……

さて、皆さんはいかがでしょうか?

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

リアリティ

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

コメント

  1. さむたいら より:

    Linさん、こんばんは。Realityは自分にとっては最初少し掴みどころがないアルバムではあったのですが、作り込みすぎていない感じがむしろ当時の勢いを示しているのかもしれませんね。New killer starの癖になる雰囲気もよいですが、個人的にはLinさんがオミットされたTry some, buy someを選びます。自分がビートルの中ではジョージ・ハリスン好きだからでもあるのですが、ボウイ御本尊はジョージ作曲とは知らずにカバーしたという逸話も面白いですよね。

    • Lin より:

      さむたいらさん、ジョージ作曲とは知らずにカバーしたことって私は知りませんでした。
      面白いですね。
      デヴィッド・ボウイは感覚人間なのかもしれませんね。

      • さむたいら より:

        Linさん、お返事ありがとうございます。ボウイはロニースペクターのバージョンで聴いて気に入ったが、誰が作曲かは気にしなかったそうです。確かに感覚先行かもしれませんね。
        次の企画というわけではないですが、今月のレコードコレクターズがビーチボーイズのベストソングス100ですね。こういう粋な企画をボウイでもやってくれると嬉しいですよね。

  2. aladdindogs より:

    Linさん、いよいよ残すところ後2枚となりましたね。
    私は「Fall Dog Bombs The Moon」を選びました。
    BOWIE最後の日本ライブ、私は武道館でした。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、あと2つなので、その後はどうしようかと悩み中です。
      ちょっと休んでしまいましょうか…とも思っています。

  3. J より:

    私はhours、heathenがあまりピンとこなく、世間的にはあまり評価の高くないrealityの方が何故か好みですσ(^_^;)
    武道館行ってその後ブート武道館両日のdvdを買いました笑
    she’ll drive athe big car
    が特にですかねぇ
    ジョナサンリッチマンのカバーも原曲全く異なって面白いです

    • Lin より:

      Jさん、私も武道館のブート買いました。
      大阪城のブートも買いました。
      大阪のブートは私の声まで入っていそうで、(実際あり得ませんが)うれしい気がします。