デヴィッド・ボウイ「ハンキー・ドリー」からのベスト選曲で気になったハリー・ポッター「ハーマイオニー・グレンジャー」(ベスト・オブ・ボウイ)

Emma_Watson
image photo by 916vince 

「ハンキー・ドリー」はデビッド・ボウイのアルバムの中でも玄人受けするものです。
このアルバムを好きと語るミュージシャンは数多く、デヴィッド・ボウイの傑作アルバムのひとつです。

このアルバムからベスト曲を選ぶということで、まずは資料を読むことにしました。

私のボウイ資料のなかで必ず読んでいるものはパオロ・ヒューイットの「デヴィッド・ボウイ コンプリートワークス」です。

これを読み始めてとても興味深い記述に遭遇してしまいました。

スポンサーリンク
AdSence

ヘルミオーネ=ハーマイオニー

デヴィッド・ボウイ コンプリート・ワークス
デヴィッド・ボウイ コンプリート・ワークス image by Amazon

「デヴィッド・ボウイ コンプリートワークス」を読み始めると「Life On Mars」の解説のところで、「ハーマイオニー・ファージンゲールとの別れ」という記述が見つかります。

最初はこの記述にピンと来なかったのですが…

「ハーマイオニー・ファージンゲール」とはベッケナム・テープのページでも取り上げたボウイの恋人のことです。
一時期、ジョン・ハッチンソンと共にフェザーズとして活動していました。

デヴィッド・ボウイのファンになってまもなく、中古CDショップで買ったのは「SUSSEX UNIVERSITY LIVE 1969」と...

近年「ハーマイオニー」というと「ハリ−・ポッター」を思い出してしまいます。
そうです。「ハーマイオニー」と「ヘルミオーネ」は同じスペルなのです。

「Hermione」です。

「ハリ−・ポッター」の「ハーマイオニー」は「Hermione Jean Granger」、デヴィッド・ボウイの恋人「ヘルミオーネ」は「Hermione Faerthingale」です。

なにか大発見したような気持ちになりました。

幼さが目立ったエマ・ワトソンもとても美しくなりましたね。感動です。

ハリー・ポッターの新作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」も話題になっていますね。
J.K.ローリングさん自ら脚本を担当するらしいです。
楽しみです。

ジギー・スターダストと共に制作された傑作

Hunky Dory
Hunky Dory image by Amazon

「ハンキー・ドリー」は「ジギー・スターダスト」と並行するように制作された傑作アルバムです。

発表当初は商業的には成功したと言えず、売れはじめるのはアルバム「ジギー・スターダスト」が発表された後のことでした。

収録曲は以下。

Hunky Dory

  1. Oh! You Pretty Things
  2. Eight Line Poem
  3. Life On Mars
  4. Kooks
  5. Quicksand
  6. Fill Your Heart
  7. Andy Warhol
  8. Song For Bob Dylan
  9. Queen Bitch
  10. The Bewlay Brothers

このアルバムも大好きです。

ボウイの代表曲でベスト盤には必ず収録される「Changes」もいいです。
その他にも他のアーティストが良く歌っている「Life On Mars」も代表曲ですね。

「Quicksand」や「Queen Bitch」は最高のライブ曲です。

さらに「Andy Warhol」などは「The Next Day Extra」の「Love Is Lost [Hello Steve Reich Mix by James Murphy for the DFA]」の原型を思わせます。

ベストソングは?

この素晴らしいアルバムから私がピックアップすると以下の5曲になります。

  • Changes
  • Life On Mars
  • Quicksand
  • Andy Warhol
  • Queen Bitch

ここから1曲選ぶとすると…

ライブでのパフォーマンスがあまりにも印象的な「Quicksand」です。

本当は1曲しか選ばないのは無理です。
傑作過ぎます。

……

さて、皆さんはいかがでしょうか?

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

ハンキー・ドリー<2015リマスター>

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

コメント

  1. aladdindogs より:

    私は大好きな「Quicsand」でお願いします。
    ハーマイオニーとヘルミオーネ、気が付きませんでした。

  2. aladdindogs より:

    あっ、kが抜けてました。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      はじめて、かぶりましたね。
      「Quicksand」大好きです。

  3. J より:

    Quicksandのknowledge comes with death’s releaseというラインがとても好きです。
    自分はどうもこれを日本語にうまく訳せない。

    • Lin より:

      Jさん、ありがとうございます。
      Quicksandは名曲ですね。
      Jさんもベスト選曲へ参加お願いします。
      ゆっくりと進めていきますので、よろしくです。
      たこべいさんのベストもいいですよ。

  4. たこべい より:

    「ジギー」で出会い、「スペースオデティ」「世界を売った男」と過去に遡って聴いたのですが、この「ハンキードリー」、、今聴き返して見てもいいアルバムだと思うのですが、なぜか熱心に聴かないままでした。ボウィに出会う前は、エルトン・ジョンが大好きで英国的な佇まい、印象的なピアノと共通点もあるのですけれども。。謎です。

    「Life On Mars?」は外せないかな。
    今朝、聴き返して見て、ベスト曲ではないのですが「Eight Line Poem」が印象に残りました。

    リック・ウエイクマンのボウィ トリビュート届きました。
    静謐な感じに追悼の気持ちが表れていて、とても気に入っています。
    オリジナル「Always Together」、、いいタイトルですね。

    • Lin より:

      たこべいさん、ありがとうございます。
      リック・ウエイクマンは私もお気に入りになってます。
      ピアノ曲がこんなに味わい深く聴けるのは、リック・ウエイクマンだからでしょうか?

      Billboard Music Awards 2016: Top Rock Albumに「★」がノミネートされたというニュースが入ってきました。

      ボウイが生きていればどんなに喜ばしかったことでしょう。

  5. カラアゲボーイ より:

    僕は「ビューレイブラザース」で。ボウイの曲で最も切なく悲しい響きです。

    • Lin より:

      カラアゲボーイさん、ありがとうございます。
      この曲は義兄のことをフィクションにして歌ったものでもあります。
      ボウイではとっても重要な曲ですね。

  6. J より:

    こんにちは。ベストオブボウイはどこで記入するのですか?

    • Lin より:

      Jさん、ご質問ありがとうございます。

      Special Contentsの「ベスト・オブ・ボウイ カテゴリー」を押していただくと、アルバム毎にページへリンクできます。そのページのコメント欄に曲名を書き込んでください。
      私が集計して、Special Contentsの「ベスト・オブ・ボウイ」に記録しています。

      現在の「ベスト・オブ・ボウイ カテゴリー」では以下のアルバムを扱っています。

      1.Early On
      2.David Bowie
      3.Space Oddity
      4.The Man Who Sold The World
      5.Hunky Dory
      6.The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars
      7.Aladdin Sane

      Special Contentsの「ベスト・オブ・ボウイ」にはaladdindogsさん、たこべいさん、カラアゲボーイさん、Jさんの選曲(Hunky DoryのページのコメントにQuicksandをいただきました。)を既に記録しています。

      今後も対象のアルバムページが増えていきます。
      タイトルに「(ベスト・オブ・ボウイ)」が入っているものが対象です。

      以上の説明で分かりましたでしょうか?
      分かりづらいですか?

      どのページのコメント欄でもいいですからアルバム名と好きな曲を書いていただいてもいいですよ。
      今後ともよろしくお願いします。

  7. Lin より:

    BOWPROMOが500万円以上とは驚きました。

    http://nme-jp.com/news/18737/

  8. ばなな より:

    ?最初からハーマイオニーでしたよ。40年くらい前から。。ローマ字読み?イタリア移民それに、イギリス人の女の子に、珍しくないよくある名前。私の友達にもいるし。。
    70年代、字幕はマシだけど、本や雑誌や人名、とにかくひどいカタカナ表示が多過ぎ。誰それ?だもん。
    HUNKY DORY は1番聞くかも。なんか気持ちが落ち着くのよね。
    癒されるアルバムです。
    Oh! You Pretty Things がはずせないのは、ピアノ弾いてるスタジオ?動画のDavidが可愛くて^_^ピアノはMicが上手いのは当たり前だけど、Davidも良いのよ。。。
    これと、例のSTARMANのTVがとにかく可愛い^_^

    • Lin より:

      ばななさん、ありがとうございます。

      私がボウイファンになったときには、スペイス・オディティのライナーにおいて「Letter To Hermione」が「ヘルミオーネへの手紙」となっていました。

      「デヴィッド・ボウイ コンプリートワークス」では「ハーマイオニー」が使われていましたので、目からうろこ状態でした。

      • ばなな より:

        私は逆にこのページで、初めてヘルミオーネ?て見ました。実はデビッド ボーイ
        も誰それ?でした。私は耳からが殆どなんで、カタカナ表記苦手です。

        • Lin より:

          ばなな さん、こんばんは。
          昔のカタカナ表記は驚くべきものがありますので、これも日本人ならではの読みだったのかもしれませんね。