意外に若いポール・ウェラー


image photo by Mark Kent 

私がポール・ウェラーを最初に聞いたのは「スタジオ150」でした。

カバーアルバムとは知らず聴いたものですから、ポール・ウェラーはもの凄く年をとっているんだと思い込んでいました。

ところが、まだ58歳です。

モッズに影響を受けたということを知って、さらに驚きました。
デヴィッド・ボウイと同じくらいでもおかしくないような…

「Studio 150」以降、ポール・ウェラーに一時期ハマっていました。

なんか柳ジョージみたいな歌声だと思って聴いていました。

……

ニューアルバム「ア・カインド・レボリューション」も出ました。

ア・カインド・レボリューション
ア・カインド・レボリューション image by Amazon

スポンサーリンク
AdSence

ワイルド・ウッド:1993年

Wild Wood
Wild Wood image by Amazon

ポール・ウェラーの初期が聴きたくて買ったアルバムです。

私の持っているものは、こんなジャケットではないです。

スタジオ150 :2004年

スタジオ 150
スタジオ 150 image by Amazon

はじめて聴いたポール・ウェラー。

全曲カバーのアルバムです。

ポール・ウェラーはソウルだと思い込みました。

アズ・イズ・ナウ:2005年

アズ・イズ・ナウ
アズ・イズ・ナウ image by Amazon

もっともよく聴いたアルバムがこれです。

やっぱりロックなんだと再認識しました。

「Paper Smile」「Savages」「Roll Along Summer」が好きです。

カモン・レッツ・ゴー~ジャパン・オンリー・エディション:2006年

カモン・レッツ・ゴー~ジャパン・オンリー・エディション(DVD付)
カモン・レッツ・ゴー~ジャパン・オンリー・エディション(DVD付) image by Amazon

「スタジオ150」と「アズ・イズ・ナウ」が気にいったので買った日本企画盤。

2つのアルバムからの未発表曲・別ミックス・ライブ音源で構成されたアルバム。

「Paper Smile (Audio Twitch Remix)」はこちらの方がいいと思います。

キャッチ – フレイム!:2006年

キャッチ・フレイム!(紙ジャケット仕様)
キャッチ・フレイム!(紙ジャケット仕様) image by Amazon

ポール・ウェラーを最もよく聴いていた頃のライブアルバム。

申し分ないライブなのですが、これ以降ポール・ウェラーを聴かなくなってしまいました。

少しシンプルすぎるサウンドがイマイチな感じです。

でも、今でも「スタジオ150」は時々聴きたくなります。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン