史上最強クラスのハリケーン「パトリシア」襲来! FP2中止に続き予選も延期。決勝はどうなる?(F1 2015第16戦:US GP予選)

22395889972_c1b8896fa3_k
image photo by Takayuki Suzuki 

2015年のF1も大詰め。ドライバーズチャンピオンもUS GPで決定するのではないかと言われています。

しかし、それどころではなくなりました。
ハリケーンによる悪天候で、まともにF1が開催されるかも危ぶまれる状況です。

金曜日のFP2は悪天候で中止。
土曜日の予選も日曜朝に延期されてしまいました。

どうしようもないので、ひとまずF1の噂話を楽しみたいと思います。
書き終わる頃には予選結果も出るかな?

スポンサーリンク
AdSence

F1パワーユニットのルール変更

ホンダとルノーがパワーユニットの開発に苦しむ中、ついにパワーユニットのホモロゲーションルールを変更することに合意したようです。

もともと2月いっぱいでエンジン凍結、与えられるトークンは25となっていたのですが、2016年シーズン中の開発が可能となり、32トークンが与えられることになります。

これによって、ホンダもルノーも追いつくチャンスが高まります。

しかし、メルセデスやフェラーリも開発を続けるので、本当に追いつけるかどうか、シーズンを見守るしかありません。

参照F1:2016年シーズン中のエンジン開発許可に合意(F1-Gate.com)

レッドブルのエンジンはどうなるのか

Bチームのトロ・ロッソは1年落ちのフェラーリになりそうですが、レッドブルについては様々な噂が浮上しています。

フォルクス・ワーゲンとも交渉していたという話は面白かったですが、排ガス不正の問題で立ち消えたようです。

その次に持ち上がったのがホンダエンジンを積む噂。

これについてはロン・デニスが拒否していると言われています。
来年ホンダ・エンジンを積んだレッドブルがマクラーレンを打ち負かしてしまったらシャレになりません。

ホンダの話はないんじゃないかと思います。
もう一度、ルノーエンジンで行くのではないかと予想しますが、どうなることやら…

参照ロン・デニス、ホンダのレッドブルへのエンジン供給に反対(F1-Gate.com)

ホンダのスペック4のICEの性能は?

ロシアのFP1でアロンソのマシンに搭載されたスペック4のエンジンがついに実戦に投入されます。

このエンジンの性能はどうなのかが気がかりです。

アロンソは好感触を得たようですが、FP2も中止され、まともなセッティングも出来ないようでは、性能評価は無理かもしれません。

参照「明らかな進歩が見られる」とアロンソ(ESPN F1)

残るドライバーの行方

ロータスの一枠はジョリオン・パーマーで決まり、未確定なのはハースの一枠とマルシャのみという状況になっています。

しかし、ハースはエステバン・グティエレスと契約する噂が持ち上がっています。
かなり確度が高そうです。

このブログには小林可夢偉の2016年復帰を期待する方のアクセスが多いのですが、復帰できてもマルシャということになります。
来年はメルセデスエンジンを積むマルシャには、小林のコネクションはないんじゃないかと思います。

復帰はないとひとまず予想しておきます。

参照ロータス、ジョリオン・パーマーを2016年のドライバーに起用(F1-Gate.com)

予選の結果

やはり、雨の予選となりました。

Q1でサインツがクラッシュして赤旗が出ましたが、なんとかQ2まで終了しました。

雨が激しくなり、Q2が終了したところでセーフティーカーが出て、Q3がディレイになります。

結局Q3は中止になり、Q2までの順位でグリッドが確定しています。

1位:ロズベルグ
2位:ハミルトン
3位:リカルド
4位:クビアト
5位:ベッテル

となり、フロントロウがメルセデス、セカンドロウはレッドブルとなりました。

レッドブルはルノーの新型エンジンを使用せずにこの結果です。
ベッテルはエンジン交換のためにグリッドペナルティーを受ける予定です。

注目のマクラーレン・ホンダは新エンジンのアロンソが11位、旧エンジンのバトンが14位になっています。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン