F1 カナダGP予選:マックス・フェルスタッペンが、ついにエンジンペナルティー対象に。2トークンを使用したマクラーレン・ホンダ:フェルナンド・アロンソのパワーユニット使用状況も確認。(F1 2015第7戦:カナダGP予選)

18072270186_32e6de5de0_k

photo by Paul Williams

このカナダGPで初のエンジンペナルティー対象となったのがトロ・ロッソのマックス・フェルスタッペンです。
フェルスタッペンは前回のモナコGPでロータスのグロージャンに追突。すでに5グリッド降格処分を受けていました。
これらによって、グリッドはどのようになるのか見ていきたいと思います。

また、今回の予選ではパワーユニットの利用状況が国際映像で表示されていました。
アロンソの利用状況も明らかになりました。

2015年のレギュレーションの要約はESPNF1が分かりやすくまとめています。

さらなるコンポーネントが必要になった場合はケースに応じてそれぞれペナルティが科されられる。パワーユニット自体を完全に新しいものに交換する場合、2014年はピットレーンスタートを強いられたが、2015年は交換したコンポーネントの数に応じた累積的なペナルティを採用。コンポーネントのうち1つでも5基目を投入する場合は予選ポジションから10グリッド降格処分を、それとは異なるエレメントが5基目を必要とした場合は5グリッド降格ペナルティを受ける。6基目が必要になったコンポーネントがあれば新たに10グリッド降格処分が科せられ、6基目が投入される度に5グリッド降格処分、7基目以降も同様だ。エンジンコンポーネント交換に伴うグリッド降格ペナルティは当該レースで消化できなかった場合、次戦に持ち越されていたが、2015年は未消化分がタイム加算ペナルティに換算される。

→出典:「F1レギュレーション 【エンジン】」ESPNF1

スポンサーリンク
AdSence

マックス・フェルスタッペンのパワーユニット・利用状況

パワーユニットは6つのエレメントによって構成されています。
過去記事でもパワーユニットの構成については記載してきましたが、今回は国際映像の表示に沿って英語での表記を採用します。

以下は2015/3/28アップ記事へのリンクです。

photo by Iwao 写真はHonda RA168Eです。 F1開幕戦の記事で マグヌッセンのエンジンが壊れてい...

過去記事でのパワーユニット構成

  • ICE(内燃機関)
  • ES(バッテリー)
  • コントロールユニット
  • MGU-H(熱エネルギー回生システム)
  • MGU-K(運動エネルギー回生システム)
  • ターボチャージャー

国際映像でのパワーユニット構成

  • Engine
  • Energy Store
  • Control Electronics
  • MGU-H
  • MGU-K
  • Turbocharger

以上が過去記事と国際映像の対応になります。

マックスフェルスタッペンはついに5機目のEngineを使用してしまいました。
使用状況は以下の表のようになります。

フェルスタッペンのPower Units:Elements Used(パワーユニット使用状況)
Engine 5 ※
Energy Store 2
Control Electronics 3
MGU-H 3
MGU-K 3
Turbocharger 2

※印が規定オーバー

マックス・フェルスタッペンのグリッドペナルティ

マックス・フェルスタッペンはEngineを交換したことによるペナルティ(10グリッド)と前回のクラッシュによるペナルティ(5グリッド)を合わせて15グリッドの降格処分が下されます。
しかし、カナダGP予選の結果、マックス・フェルスタッペンは12番手だったので、最後尾に回っても15グリッド降格処分を消化することができず、タイム加算ペナルティーも科されることになります(たぶん10秒ペナルティ:未確認情報)。
未消化のグリッド数とタイム加算ペナルティーの関係は以下のページを参照して下さい。

未消化のグリッド数に応じて次のタイムペナルティが科せられる。
残りグリッド数が1から5の場合: 5秒ペナルティ(最終のレースタイムに加算)
残りグリッド数が6から10の場合: 10秒ペナルティ(最終のレースタイムに加算)
残りグリッド数が11以上の場合: ドライブスルーペナルティ

出典:「フェルスタッペン、エンジン交換で降格処分は15に」ESPNF1

今後のレースでもルノー、ホンダ陣営のPUは保ちそうにありませんので、予選が面白くなくなるかもしれませんね。

2トークンを使用したマクラーレン・ホンダは苦戦必至

ホンダのPU利用状況も思わしくありませんが、問題はホンダが利用した2トークン(残7トークン)がどの部分に利用されたかということです。
一部情報では「MGU-H」と「ターボチャージャー」ではないかという憶測もありますが、定かではありません。

→参照:「ホンダ密着:他メーカーを警戒、パワーは若干向上」AUTO SPORT WEB

→参照:「GP直送:信頼性にトークン使用? ホンダ新PUの謎」AUTO SPORT WEB

上記の記事にあるように、信頼性向上の目的でトークンを使用することは、あり得ませんので、パワーの向上を期待したのですが…

やはり信頼性がダウンし、バトンはERS系のトラブルを引き金に内燃機関のトラブルを引き起すことに。
結果、予選を欠場することになってしまいました。

→参照:「バトン、「明日はたぶん抜けない」」ESPNF1

フェルナンド・アロンソもベッテルとマッサのトラブルの助けもあって、やっとQ2進出(14番手)の状況。
今回のレースは望み薄のようです。

フェルナンド・アロンソのパワーユニット・利用状況

最後に国際映像に映し出されたフェルナンド・アロンソのPU利用状況を掲載しておきます。(どこかに全ドライバーのPU使用状況は載ってないのかな?)

フェルナンド・アロンソのPower Units:Elements Used(パワーユニット使用状況)
Engine 4 ※
Energy Store 3
Control Electronics 4 ※
MGU-H 2
MGU-K 4 ※
Turbocharger 4 ※

※印は規定リミットいっぱい使ってます。

ジェンソン・バトンの情報も気になりますが、次戦以降、苦しい戦いが続くことに間違いありません。
(追記)バトンはMGU-HとTurbochargerが5機目で最後尾になってしまいました。

付け足しておくと予選の結果はハミルトンが44回目のポールを奪って、メルセデスの強さを見せつけました。(ロズベルグ2番手、ライコネン3番手)
ライコネンはミスがなければいいところに行ったかも。(決勝は期待)

ゲーム・情報誌・Blu-ray…etc. F1グッズはこちら(Amazon)