永井豪の「デビルマン 画業50周年愛蔵版」と「新デビルマン」

前回の記事で「新デビルマン」が気になったので「新デビルマン 完全復刻版」(古書)を買ってみました。

image by Kentaro Ohno  永井豪のファンなので、「デビルマン」は当然読んでいます。 高校のころ、雑誌連載中から読んで...

すると「デビルマン 画業50周年愛蔵版」は、かなりエピソードが削られていることが分かりました。

今まで「新デビルマン」のエピソードは全て「デビルマン」に取り込まれていました。

新装版として発売された全4巻の文庫では、もれたエピソードはありませんでした。

新装版 デビルマン(1) (講談社漫画文庫)
新装版 デビルマン(1) (講談社漫画文庫) image by Amazon

それなのに今回の愛蔵版はどうしてなのでしょう。

まだ、最終刊の5巻が出ていませんが、今までと同じページ分量なので、もれたエピソードが入りそうにありません。

スポンサーリンク
AdSence

新デビルマンと画業50周年愛蔵版

新・デビルマン(完全復刻版) (KCデラックス)
新・デビルマン(完全復刻版) (KCデラックス) image by Amazon

「新デビルマン」の構成は以下のようになっています。

第1話 ウイーンの晩い春(協力:辻真先)
第2話 魔界のジャンヌ・ダルク
第3話 美しき軍神 サモトラケのニケ(協力:高円寺博)
第4話 ベルサイユの妖妃
第5話 リトル・ビッグホーンの悪魔
第6話 牧村美樹の首を埋葬するショートエピソード(台詞が全くありません。飛鳥了との訣別のストーリーでもあります。)

この6話の内、愛蔵版に入っているのは「魔界のジャンヌ・ダルク」と「ベルサイユの妖妃」のみです。

第6話は愛蔵版の5巻に入る可能性がありますが、第5巻は272ページなので他のエピソードの収録は無理だと思います。

前述したように新装版の全四巻の文庫には全6話がもれなく収録されていたのに、愛蔵版では少し残念なことになりました。

このように収録エピソードが違うとなると、文庫版も愛蔵版も買いたくなります。(愛蔵版は不動明と飛鳥了の出会いが描かれているのですよ)

そのうち決定版のデビルマンが出ることになりそうです。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

新装版 デビルマン(1) (講談社漫画文庫)

新装版 デビルマン(2) (講談社漫画文庫)

新装版 デビルマン(3) (講談社漫画文庫)

新装版 デビルマン(4) (講談社漫画文庫)

画業50周年愛蔵版 デビルマン 1 (ビッグコミックススペシャル)

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン