「冲方丁容疑者」報道で知った冲方丁の本名。何やってるんですか? マルドゥック・アノニマスはどうなったんですか?

6399932683_2a7e5e2fa8_b (1)
imagephoto by Danny Choo

冲方丁は今では尊敬するに値する作家と思っていたのですが、「容疑者」付きでニュースが流れてきました。
何やってるんですか?
警察に呼ばれる暇があったら、マルドゥック・アノニマスの続きを早く書いて下さい。

スポンサーリンク
AdSence

マルドゥック・アノニマスが気がかりな冲方丁さんが…

夕食をとっていたら「冲方丁容疑者」というニュースが耳に入りました。
DVがあったとか?

なんかイメージ崩れてしまいましたね。
アニメの脚本や小説でお忙しいと思っていたのですが…

以前、奥さんがマネージャーというテレビ番組を見たことがあるので、仕事の上での衝突だったのでしょうか?

ニュースはとても断片的なので、何があったのか分からないですが、夫婦ゲンカははいけません。DVはもってのほか!

私も時々腹の立つこともありますが、暴力はやめましょうね。
そういうこともあると思って受け流しましょう。

取りあえず応援します。

何があったか知りませんが、読者は冲方さんの作品を待っています。

マルドゥック・アノニマスは連載枠が決まっているので、少しずつしか進まないストーリーを追いながら、単行本はまだかと首を長くして待っています。

ですから、小説のことだけ考えていて下さいね。

攻殻機動隊の構成や脚本は冲方さんの本業なので、まだよしとしましょう。
でも本当はマルドゥック・アノニマスだけを待っている読者が結構いると思いますよ。

そんな、ファンの気持ちを裏切らないで下さいね。

マスコミさんも夫婦ゲンカに関わっていないで、他の事を追って下さい。

よろしくお願いいたします。

収穫は本名が分かったこと

この件で冲方丁さんの本名が分かってしまいましたね。
「藤野峰男」さんとおっしゃるそうです。

なんか、普通のお名前でした。
これは少し幻滅です。

やっぱり作家は本名をばらしてはいけませんね。

この件で初めて冲方丁を知った方のために

冲方丁は作家です。
それも並外れたいい小説を書きます。

天地明察は傑作です。本屋大賞にも選ばれました。
上下巻で文庫にもなってます。

天地明察(上) (角川文庫)

この小説は「渋川春海」と妻「おえん」さんとの関わりが本当にいいんですよ。
仲の良かったお二人は77歳の同日で亡くなったとのことです。

これを機会にぜひ読んでみて下さい。
久々に涙の出た小説です。

SF好きの方には、やはりマルドゥック・シリーズをおすすめします。

マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)

マルドゥック・スクランブルが3冊、マルドゥック・ヴェロシティが3冊、短編集のマルドゥック・フラグメンツが1冊出ています。

その後のお話しが今現在SFマガジンで進行しているマルドゥック・アノニマスです。

マルドゥック・スクランブルはカジノでのブラックジャックのシーンが鳥肌ものですよ。
アニメにもなっています。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(下) (角川文庫)
これだけは、ぜひ読んでみて下さい。渋川春海とおえんの心の繋がりに泣けます。

by Amazon

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン