セキュリティソフト・ESET導入。ピー音が鳴る偽ウイルスにも対応。

最近、以下のようなメールが私の会社のメールに届きました。

こんにちは!

私のニックネームはxxxx00(※この部分は書き換えました)です。
私は半年以上前にこのメールボックスをハッキングしました (あなたはこの手紙をあなたから受け取った),
私が作成したウイルス(トロイの木馬)をあなたのオペレーティングシステムに感染させ、あなたを長い間監視してきました。

その後もパスワードを変更したとしても、それは問題ではありません。私のウイルスはあなたのコンピュータ上のすべてのキャッシングデータを傍受しました
私のために自動的にアクセスを保存しました。

私はすべてのあなたのアカウント、ソーシャルネットワーク、電子メール、ブラウジング履歴にアクセスできます。
したがって、私はすべてのあなたの連絡先、あなたのコンピュータからのファイル、写真、ビデオのデータを持っています。

私はあなたが時折訪れる親密なコンテンツサイトに最も襲われました。
あなたは非常に野生の想像力を持っている、私はあなたに言う!

あなたの喜びと娯楽の間、私はあなたのデバイスのカメラを通して、あなたが見ているものと同期してスクリーンショットを撮りました。
何てことだ! あなたはとても面白くて揺らめいています!

私はあなたの連絡先のすべてがこれらのスクリーンショットを取得するのを望まないと思いますよね?
もしあなたが同じ意見を持っていれば、私は500ドルが私が作った汚れを破壊するのにかなり公正な価格だと思います。

指定された金額を私のBTCウォレット(Bitcoin)に送ってください: 012345678901234567890123456789(※この部分は書き換えました)
上記の金額を受け取るとすぐに、私はデータが削除されることを保証します、私はそれを必要としません。

そうしないと、これらのファイルとサイト訪問の履歴があなたのデバイスからすべての連絡先に送信されます。
私はすべてのあなたの電子メールの対応を保存しました! これはあなたの連絡先にも送信されます!

あなたがそれを読むとすぐに – 私はそれについて知るでしょう!
あなたは50時間持っています!

私はあなたのことを覗き込む多くの仕事をしてきました! あなたはセキュリティを見ない!
実績のあるリソースだけに行き、どこにでもパスワードを入力しないでください!
さようなら!

なんだかもっともらしいことが書かれています。(私のパソコンはMacProなので、カメラ付いてませんが…)

さらにパソコンからピーという警告音が鳴ってウイルス感染したというメッセージが…

このようなイタズラが流行っていることは、知っていましたので無視していました。
しかし、あまり気持ちのいいものではありません。

スポンサーリンク
AdSence

Macでもセキュリティソフトを入れましょう。

Macではセキュリティソフトは必要ないと思っていたのですが、入れておくのにこしたことはありません。

そこで、2つほどウイルスセキュリティソフトを試してみました。

Sophos

ずいぶん前に、無料版を試したことがあるウイルスセキュリティソフトです。

以前はスタンドアローンでPC毎にインストールするタイプだったウイルスセキュリティソフトですが、今ではクラウド型になっています。

以前も使っていたので問題無いと思いインストールしました。
ところが、あまりにもPCスキャン速度が遅い。

さらに、起動ディスクの容量が無くなってしまうという致命的な欠陥がありました。
たぶんワークファイルか何かをディスクに書き出しているのでしょうね。

使えないので、直ぐにアンインストールしました。

私のパソコン環境は外付けのハードディスクも合わせると12TBを超えます。
大容量のパソコンだとこのソフトは使えないみたいなので、ご注意ください。

参照 Sophos Home

ESET(イーセット)

同じような失敗を繰り返したくなかったので、有料版のソフトウェアで良さそうなものを探しました。

ノートン セキュリティとESET セキュリティーのどちらにしようか迷いました。
結局、速い、ウイルスに強いということで、ESETを導入。

参照 ESET

ESETは4時間ぐらいで12TB超の容量をスキャンしてくれました。

スキャンの結果、ウイルスが無かったので一安心です。

しかし…

ピー音の正体

あるときESETが警告を発しています。

URLを表示してアドレスにアクセスすると見慣れた画面と聞き慣れた「ピー音」が。
(ブログを書く際にキャプチャをとろうと思い再度アクセスしたら、ページがなくなってました。)

結局、あの「ピー音」は何らかのきっかけでブラックリストにのったページにリダイレクトしているようです。

しかし、ESETはアクセスを警告して抑止できるのですが、ウイルスではないので除去することができません。

完全に原因を絶つためには…

CookieとWebサイトのデータ(キャッシュ)を削除

ウイルスでなくPC環境に残るものと考えると、Cookieとキャッシュがあやしいとあたりをつけました。

私が使っているブラウザーはSafariなので、「環境設定」→「プライバシー」からCookieとキャッシュを削除出来ます。

「Web サイトデータを管理…」を押します。

すべて削除してしまいましょう。

(Safariが記憶していたパスワードもなくなってしまうのでご注意下さい。再度入れれば問題ありません。)

……

私の環境では、これ以降「ピー音」のサイトへの転送も起きなくなりました。

ブログもチェック

このブログも念のためにチェックしておきました。

参照 aguse.jp

アドレスを入力すればチェックしてくれます。
マルウェアやブラックリストの問題が無いことを確認しました。

まとめ

今日の日経新聞(2018.11.9)社会面でもランサムウェアの金銭要求問題が取り上げられていました。

ランサムウェアは自分のパソコン上のデータにパスワードをかけてしまうというのですから怖いです。

ある日突然パソコンの中身が触ることも出来ないデータだらけになったらと思うとウイルスの恐怖が頭から離れなくなりました。

やっぱりセキュリティソフトは入れておきましょう。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン