広島県呉市の「てつのくじら館」と「大和ミュージアム」に行ってきました。一日ミリタリーな気分に浸りました。

広島県呉市宝町は海上自衛隊呉資料館・通称「てつのくじら館」と「大和ミュージアム」が隣接しています。

正面の潜水艦「あきしお」が見えるところが「てつのくじら館」、左側が「大和ミュージアム」右側がスーパーマーケット「ゆめタウン」です。

私の場合は高速を数時間走って、やっと到着したのですが、地元の方は買い物のついででも歩いて「てつのくじら館」と「大和ミュージアム」に行けます。(地元の方は行かないかもしれませんが…)

スポンサーリンク
AdSence

てつのくじら館

正面玄関にはドーンと本物の潜水艦「あきしお」が鎮座しています。
この潜水艦の中にも入れるようになっています。

私が行った時にはまだすいていました。

掃海に関する資料がいっぱい

掃海とは機雷除去作業のことです。

日本の掃海技術は世界でもトップクラスらしく、掃海に関する様々な展示品がありました。

機雷

機雷を除去するロボット

海面の機雷は銃撃して処理することもあるようです。

他にもたくさんの掃海関係の資料がありました。

潜水艦あきしお

もうひとつの呼び物が潜水艦の資料です。
潜水艦「あきしお」の中に入ることもできます。

最新鋭の「そうりゅう」型の模型です。
船尾の翼がエックス型になっているのが特徴。

……

「あきしお」の中に入ると…

レーダー

潜望鏡

操縦席等、驚きの実物です。

潜水艦の中はとても狭いのですが、最新鋭の「そうりゅう」型になると様々な新鋭設備や機械が搭載されていて、さらに狭くなっているそうです。

大和ミュージアム

大和ミュージアムの中には10分の1の戦艦大和があります。

こちらは人で混み合っていました。
なるべく人の写ってない写真を選びましたが…顔をぼかすのが大変。

人間魚雷「回天」

零式艦上戦闘機六二型

特殊潜航艇「海龍」

松本零士のコミックでしか見たことがないような資料がいっぱいでした。

呉の一日

一日中、呉で過ごしました。

乗ったこともない潜水艦や戦艦、戦闘機等、心に残りました。

でも一番はやっぱり食事でしょうか。

お昼は「てつのくじら館」のカフェで、販売限定数のある「あきしおカレー」と人気のホットドッグでした。

カレーが甘くてスパイシー。おいしかったです。
この甘みは何を入れてあるのでしょうか?
家では絶対出せない味でした。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン