イギー・ポップの「ゾンビー・バードハウス」


image photo by Krists Luhaers 

イギー・ポップで最も入手困難(通常価格で)なアルバムが「ゾンビー・バードハウス」です。

既に廃盤となっているためか、中古商品かプレミアム付きの少々お高い商品しかありません。

しかし、イギー・ポップのスタジオアルバムくらいはコンプリートしておきたいな…という想いで、中古商品を購入してみました。

スポンサーリンク
AdSence

ゾンビー・バードハウス(1982年リリース)

Zombie Birdhouse
Zombie Birdhouse image by Amazon

「ゾンビー・バードハウス」はアリスタ時代の3部作の後にインディー・レーベルのアニマル・レコードからリリースされたものです。

アリスタ時代のポップさは、なりをひそめ、様々な音楽性を持った楽曲で構成されています。
そういう意味では実験的で、イギー・ポップのアルバムとしては異質な感じがします。

しかし、私にはアリスタ時代より、よほどマシなアルバムに思えました。

このアルバムの次にリリースされるのがボウイがプロデュースした「ブラー・ブラー・ブラー」で、アリスタ3部作と「ブラー・ブラー・ブラー」に挟まれたイギーらしいアルバムといえると思います。

サウンドが多彩で面白いですし(ボウイのロジャーみたいな印象でしょうか?)、イギーのボーカルが「やりたい放題」という感じがいいです。

私はアリスタ3部作から「ブラー・ブラー・ブラー」までのアルバムの中では一番ではないかと思いました。

……

現在入手可能なこのアルバムは1CDのものとライブ音源をカップリングした2CDのものがあるようです。(当然ですが、2枚組の方が高額です)

ライブ音源は1982年10月28日のトロントで行われたもの。

私は1CDのものを購入しましたので、ライブ音源がどんなものなのかは分かりません。

……

このアルバム、今買わなくても将来リマスターされて再リリースされることもあるかもしれません。

その価値が十分あるアルバムだと思いました。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Zombie Birdhouse

Zombie Birdhouse
↑これが2枚組CD

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン