最終刊!第16巻「天涯無限」。「アルスラーン戦記」の完結に驚きました。

何の気なしにいつも買っている田中芳樹のアルスラーン戦記の新刊を購入しました。

もう、ほとんど惰性で買っているシリーズです。

角川文庫の時には夢中で読んだ作品ですが、カッパノベルスになってからは間が空いてしまっているので、ほとんどストーリーを追い切れてません。

最近の読書体験はとても貧しい気がしてます。
記憶力の欠如が原因です。

スポンサーリンク
AdSence

祝? アルスラーン戦記完結

天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)
天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス) image by Amazon

最近の田中芳樹は、とにかく持っているシリーズものを終わらせたいようですね。

「タイタニア」を完結させ、次は「アルスラーン戦記」ですか。
あからさまに完結を狙っているように見えます。

「アルスラーン戦記」はまだまだ続くと思っていたのですが…
かなり残念な気持ちです。

栗本薫は結局「グイン・サーガ」を終わらせずに逝ってしまいました。
今では、他人が書き綴っています。

そんなグインを見ていると、やっぱり完結させることは大事だって思えてしまいます。

田中芳樹も未完の作品を、そのまま捨て置けなかったのでしょうか?

田中芳樹のシリーズで終わりそうにないのは「薬師寺涼子の怪奇事件簿」ぐらいです。

薬師寺涼子は、いつまでも書きつづけていられそうな気がしてます。

ストーリーとして完成度が高いのは、やっぱり「銀河英雄伝説」ですね。

これ以上は必要ないところまで、きっちりと書いてくれました。

そういう意味では田中芳樹の最高傑作は「銀河英雄伝説」で間違いないでしょう。

……

平井和正は、ほとんどの小説が完結しているのか、完結していないのか、判断に困るものばかりだったので、ああいうスタイルはやっぱり凄いことだと思ってしまいます。

いつまでも心に残り続けている唯一の作家です。

平井和正は「ハッピーエンドはストーリーの死」というようなことを、どこかで言っていたと思います。

本当にそうだと思うのですが、田中芳樹のように主だったキャラクターが死んでしまうのは少々、寂しい気がします。
心の中でも続きようがありません。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン