高橋留美子の「犬夜叉」全56巻を一気読み!「その後」の読み切り特別編があるのを知らなかった。

高橋留美子の「犬夜叉」は1997年5月から2009年2月にかけてコミックスが発売されました。

その間の刊行数は56巻を数えています。

56冊ものコミックが本棚を所有するのもスペースがもったいないので、全て電子化することにしました。

それが全巻を読むきっかけです。

スポンサーリンク
AdSence

高橋留美子の「犬夜叉」は平井和正のウルフガイシリーズ

黄金の少女1
黄金の少女1 image by Amazon

高橋留美子が平井和正のウルフガイのシリーズのファンであったことはよく知られています。

また、平井和正の「黄金の少女」がスタートするきっかけも高橋留美子でした。

当時の平井和正と高橋留美子の対談を読んでいたので、私は「犬夜叉」がスタートしたときから、「犬夜叉」は平井和正のウルフガイシリーズに影響を受けた作品だと信じています。

「犬夜叉」が「ウルフガイ」同様「八犬伝」のようなキャラクター構成を持っていることからも明かです。

そのため私にとっては「犬夜叉」は特別な作品でした。

「犬夜叉」は連載が長すぎて謎がいっぱいだったのだが…

犬夜叉 (1) (少年サンデーコミックス)

犬夜叉 (1) (少年サンデーコミックス) image by Amazon

コミックスは全巻初版を持っていたので、当時は出版と同時に読んでいたことが分かりました。

56冊という膨大なコミックスだったために、後半ではほとんど惰性で読んでいたような気がします。

そのため、以下のようなことはハッキリとしなくなっていきました。

  • かごめはどのように犬夜叉と桔梗のことを消化していったのか
  • 奈落の瘴気に犯された桔梗をかごめは何故助けたのか
  • 桔梗と犬夜叉の微妙な関係
  • 四魂の玉が完成した後、琥珀はどのように命をつないだのか
  • 殺生丸は犬夜叉の敵・味方?
  • 奈落と多数の分身の関係

等々…

今回、56巻を短期間で読んだので全部分かりました。

後半ではストーリーを引き延ばしたのではないかと思っていましたが、そんなことはありません。

全体のストーリーは過不足無く構成されていました。

56巻を読む間、とても幸せな時間を過ごすことができました。

……

犬夜叉には最終回のその後を描いた作品が一篇あるようです。

私は未だに読んだことがありません。

以下のコミックに掲載されています。

ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)
ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス) image by Amazon

犬夜叉 30 (少年サンデーコミックススペシャル)
犬夜叉 30 (少年サンデーコミックススペシャル) image by Amazon

どちらも同じ作品(読み切り特別編)が掲載されているようです。

これは読まねば。


(追記)

ヒーローズ・カムバックを購入。
犬夜叉の読み切り特別編は「あれから」というタイトルでした。
オールキャストの妖怪退治のストーリーです(34ページ)。
もう少し読みたい気がしました。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)

犬夜叉 30 (少年サンデーコミックススペシャル)

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン