キング・クリムゾンが「ライヴ・イン・ウィーン 2016+ライヴ・イン・東京 2015」をリリース! デヴィッド・ボウイ「ヒーローズ」のカバーも収録されています!


image photo by Steven Rieder 

以前、デヴィッド・ボウイの「ヒーローズ」をカバーしたキング・クリムゾンのシングルを紹介しました。

デヴィッド・ボウイの「ヒーローズ」は様々なアーティストがカバーしています。 ブロンディー、チューリップス、レディ・ガガ…等々、...

そのキング・クリムゾン版「ヒーローズ」を含んだ3枚組のライブアルバムがリリースされました。

YouTubeKingCrimsonVEVO

スポンサーリンク
AdSence

ライヴ・イン・ウィーン 2016+ライヴ・イン・東京 2015

このライブアルバムは日本先行発売で、海外では「ライヴ・イン・ウィーン 2016」となるようです。

日本盤のみ2015年12月に行われたライブの模様を収録したボーナスディスクが附属して3枚組になります。

収録曲は以下。

「ライヴ・イン・ウィーン 2016+ライヴ・イン・東京 2015」

ディスク1

  1. Walk On – Soundscapes. Monk Morph Music Of The Chamber/入場-サウンド・スケープ
  2. The Hell Hounds of Krim/ザ・ヘルハウンズ・オブ・クリム
  3. Pictures of a City/冷たい街の情景
  4. Dawn Song / 夜明けの歌
  5. Suitable Grounds for the Blues/ブルースに適した環境
  6. VROOOM/ヴルーム
  7. The ConstruKction of Light/コンストラクション・オブ・ライト
  8. The Court of the Crimson King/クリムゾン・キングの宮殿
  9. The Letters/ザ・レターズ
  10. Sailor’s Tale/船乗りの話
  11. Interlude/間奏曲
  12. Meltdown/メルトダウン
  13. Radical Action II/ラディカル・アクションII
  14. Level Five/レヴェル・ファイヴ

ディスク2

  1. Fairy Dust Of The Drumsons
  2. Peace/平和
  3. Cirkus/サーカス
  4. Indiscipline/インディシプリン
  5. Epitaph/エピタフ〜墓碑銘
  6. Easy Money/イージー・マネー
  7. Devil Dogs of Tessellation Row/デヴィル・ドッグス・オブ・テセレーション・ロウ
  8. Red/レッド
  9. Meltdown/メルトダウン
  10. Larks’ Tongues in Aspic Part Two/太陽と戦慄 パート2
  11. Starless/スターレス
  12. Heroes/ヒーローズ
  13. 21st Century Schizoid Man/21世紀のスキッツォイド・マン

ディスク3

  1. Walk On: Soundscapes/サウンドスケープ(12月7日 東京・渋谷 Bunkamura オーチャード・ホール)
  2. Larks’ Tongues in Aspic Part One/太陽と戦慄 パート1(12月7日 東京・渋谷 Bunkamura オーチャード・ホール)
  3. One More Red Nightmare/再び赤い悪夢(12月8日 東京・渋谷 Bunkamura オーチャード・ホール)
  4. A Scarcity of Miracles/スケアシティ・オブ・ミラクルズ(12月9日 東京・渋谷 Bunkamura オーチャード・ホール)
  5. Banshee Legs Bell Hassle/バンジー・レッグス・ベル・ハッスル(12月10日 東京・渋谷 Bunkamura オーチャード・ホール)
  6. Radical Action(to Unseat The Hold of Monkey Mind)/ラディカル・アクション(12月12日 大阪・フェスティバル・ホール)
  7. Meltdown/メルト・ダウン(12月12日 大阪・フェスティバル・ホール)
  8. Radical Action II/ラディカル・アクション II(12月13日 大阪・フェスティバル・ホール)
  9. Peace(in Japanese)/平和(12月16日 東京・渋谷オーチャード・ホール)
  10. The Talking Drum/ザ・トーキング・ドラム(12月19日 高松・サンポート・ホール)
  11. 21st Century Schizoid Man/21世紀のスキッツォイド・マン(12月21日 名古屋・国際会議場センチュリー・ホール)

2015年時点ではキング・クリムゾンをそれほど意識していませんでした。

東京、名古屋、大阪、高松でライブがあったとは…もし、2017年だったら絶対ライブに駆けつけたことでしょう。

このライブ・アルバムの発売を知ったのは28日です。
即座にオンラインショップで注文しましたが、まだ届いていません。

このアルバムのタイトルから察すると、先にシングルで発売されたベルリンの「ヒーローズ」とは異なるのでしょうか?

デヴィッド・ボウイから知ったキング・クリムゾンですが、このアルバムの到着をワクワクして待ってます。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

ライヴ・イン・ウィーン 2016+ライヴ・イン・東京 2015

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン