イギー・ポップ & ジェームズ・ウィリアムソンの「キル・シティ」


image photo by Alex Const 

イギー・ポップの1977年はまさに黄金期と言えます。

デヴィッド・ボウイとの「イデオット」「ラスト・フォー・ライフ」をリリースしたばかりかジェームズ・ウィリアムソンとの連名で「キル・シティ」を発表しています。

スポンサーリンク
AdSence

キル・シティ(1977年発表)

Kill City
Kill City image by Amazon

この「キル・シティ」は「イデオット」「ラスト・フォー・ライフ」の後にリリースされていますが、ひょっとすると「イデオット」より前に作られたアルバムかもしれません。

ストゥージズの後期ギタリスト、ジェームズ・ウィリアムソンと組んで作ったアルバムだからです。

このアルバムにはデヴィッド・ボウイのティン・マシーンのトニー・セイルス、ハント・セイルスも参加しています。

インスト曲「Night Theme」がA面の最後、B面の最初を飾ったり、サックスが良い音色を出していたり、ハーモニカが効いていたり…かなりポップなアルバムになっています。

エンディングの「Master Charge」もインスト曲で、このアルバムの音楽性は本当に多彩です。

デヴィッド・ボウイのファンである私としては「イデオット」「ラスト・フォー・ライフ」が最高と思っているのですが、「キル・シティ」もイギー・ポップの代表的なアルバムに数えられると思います。

このアルバムを通して聴くと、とても気持ちいいです。

各曲がメロディアスで、イギー・ポップもこんなアルバムをリリースしていたんだと驚いてしまいました。

実はこの「キル・シティ」がイギー・ポップのスタジオアルバムのなかで、私が最後に聴いたアルバムです。もっと早く聴きたかった。

現在でも新品を手に入れられます。(海外から送られてくるものですけど…)

このCDでイギー・ポップのスタジオアルバムは全作そろってしまいました。

「キル・シティ」いいです。名盤です。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Kill City

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン