「ギミー・デンジャー」公開間近!今「イギー・ポップ & ザ・ストゥージズ」にスポットが当たる。「CROSSBEAT Special Edition イギー・ポップ」も発売!


image photo by Eddy BERTHIER 

イギー・ポップは「Post Pop Depression」で本当にいい仕事をしました。

私はデヴィッド・ボウイとの関連でイギー・ポップを追って来ました。

しかし、「Post Pop Depression」がイギー・ポップの最高傑作だと思います。

デヴィッド・ボウイがプロデュースした「The Idiot」は確かにいいんですが、今なら「Post Pop Depression」を選んでしまいます。

そんな絶好調のイギー・ポップとザ・ストゥージズのドキュメンタリー・ムービーが公開されます。

スポンサーリンク
AdSence

「ギミー・デンジャー」9月2日公開


YouTubelongridecinema

伝説のロックバンド、ザ・ストゥージズは4枚しかアルバムをリリースしていません(コンピ、ライブ盤を除く)。

「ギミー・デンジャー(Gimme Danger)」はザ・ストゥージズのサード・アルバム「ロー・パワー」に収録されている曲です。

ロー・パワー(淫力魔人)・レガシー・エディション
ロー・パワー(淫力魔人)・レガシー・エディション image by Amazon

この「ロー・パワー」はデヴィッド・ボウイの協力で制作されたアルバムで、デヴィッド・ボウイがミキシングを担当しています。

収録曲の中で、私が最も好きな曲が「ギミー・デンジャー(Gimme Danger)」です。
この曲が好きなのは、おそらく私だけではないでしょう。

この曲がタイトルに選ばれたのには大きな意味があるはずです。

……

実は私はこのアルバムのイギーがミックスしたものしか持っていないのです。

イギー・ポップはもともとデヴィッド・ボウイがミックスしたものを嫌っていたとか…

今はボウイがミックスしたものも聴いてみたいなーと思っています。

……

映画「ギミー・デンジャー」はボウイの「ジギー・スターダスト」の時と同じように私の地域での公開はずいぶん先です。

またもや、お預けを食らった犬の心境です。

仕方が無いので、公開までの間はサウンドトラックでも聴いておこうと思います。

ギミー・デンジャー~ストーリー・オブ・ザ・ストゥージズ
ギミー・デンジャー~ストーリー・オブ・ザ・ストゥージズ image by Amazon

日本初のイギー・ポップ単独ムック「CROSSBEAT Special Edition イギー・ポップ」

CROSSBEAT Special Edition イギー・ポップ (シンコー・ミュージックMOOK)
CROSSBEAT Special Edition イギー・ポップ (シンコー・ミュージックMOOK) image by Amazon

この映画の公開にあわせ、「CROSSBEAT Special Edition イギー・ポップ」が発売されます。

この本が日本では初めてイギー・ポップを単独であつかったものだそうです。

いままで無かったのが不思議です。

デヴィッド・ボウイではこの手のムックが山のようにあるので、ボウイのすごさが分かりますね。

「Post Pop Depression」で頂点(?)をむかえたイギー・ポップのことを、もっと知るために、この本は必須です。

「読んでから観るか、 観てから読むか」

あなたはどちらでしょうか?
(まるで昔の角川映画のような感じになってしまった…)

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

ギミー・デンジャー~ストーリー・オブ・ザ・ストゥージズ

CROSSBEAT Special Edition イギー・ポップ (シンコー・ミュージックMOOK)

※Amazonにリンクします。