えらいぞ!ジェンソン・バトン。マクラーレン・ホンダ完走発進。(F1 2015開幕戦:オーストラリアGP)

2565920646_8b8fd1e252_b

photo by ph-stop

3月15日メルボルン、アルバートパーク・サーキットで開催されたオーストラリアGPで2015年F1が開幕しました。
テストもトラブル続きで燃費データもまともに無かったマクラーレン・ホンダですが、どのような結果になったでしょうか?
開幕戦ではセッティングを完走用にしていると聞きます。オーストラリアGPもテストということになるのでしょうか?
レースをまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク
AdSence

F1開幕戦・オーストラリアGP/レコノサンスラップでケビン・マグヌッセンのエンジンにトラブル

中継が開始されてすぐ、レコノサンスラップ(レーススタート30分前の各選手の最終確認周回)においてケビン・マグヌッセンのマシンから白煙があがり、マクラーレン・ホンダの1台は出走不能になってしまいました。
レースはジェンソン・バトンの1台にかけることに…。
最初からお祭り気分はトーンダウンすることになってしまいました。

他にもこのレコノサンスラップでレッドブルのクビアトがギアボックストラブルで戦線を離脱。ウイリアムズのボッタスは予選(Q2)で痛めた腰痛のため出走できませんでしたので、(予選に参加できなかったマノー・マルシャの2台を除く)17台によって決勝は争われることになりました。

レーススタート直後セーフティーカー、バトンは12位へ

スタートの混乱の中、ロータスのマルドナドがクラッシュ、セーフティーカーがすぐさま入りました。フェラーリのライコネンがポジションダウンし、ザウバーのエリクソンがタイヤ交換、ロータスのグロージャンも原因は分かりませんがピットへ、リタイアとなりました。
セーフティーカーが3周目で戻り、バトンは混乱をぬけて12位です。

16周目ペレスがバトンと接触

※周回数はライブタイミングに表示されているものをメモしたものなので、少し狂っているかも。ご容赦くださいね。

小林と一緒に走っていたときからペレスは嫌い。昨年もマッサにぶつけたりして、私からするといらないドライバーの筆頭です。そのペレスが、またやっちまったのか?…と思いましたが、バトンは無事でした。

レース中盤、先頭のルイス・ハミルトンが1分31秒台で走る中、バトンは1分35秒から36秒台

バトンはとにかく完走を目指して安定した走り。1周4秒程度の差があったので、全くレースできる状態ではありませんでした。
38周、40周、42周、50周、51周で34秒台もありましたが、ブルーフラッグを振られて、ばらつきが目立つようになります。

25周目にフェラーリのベッテルがピット作業でマッサを抜き、ハミルトン、ロズベルグ、ベッテルのオーダーに。
マックス・フェルスタッペンがエンジン・トラブルで32周目リタイア、キミ・ライコネンはタイヤが外れ40周でリタイアとなっています。

最終ラップ1分33秒338のベストラップ

メルセデスのワンツー、フェラーリ・ベッテルが3位でレースは終了。ジェンソン・バトンは2周遅れの最終ラップで1分33秒338のベストラップを記録しています。メルセデスは30秒台もありましたので、レースペースでメルセデスから3秒から4秒離されています。しかし、レースディスタンスを走りきったので、開幕戦はこれで上々ということにするしかないですね。(ファステストタイムはルイス・ハミルトン:1分30秒945)
完走は11台、ジェンソン・バトンが最後尾で1台だけポイントがありませんでした。

マグヌッセンのエンジンが壊れていたとしても、アロンソは4機使えるのだろうか?

気になったのは今年のレギュレーションで1人4機と決まっているエンジン数のことです。マグヌッセンがエンジンを使い物にならなくしていたとしてもアロンソは今後4機のエンジンを使えるのでしょうか?
もし、使えるとしたらアロンソの不出場も戦略だったのでは?(マグヌッセンはレースセッティング、バトンはコンサバなセッティング)と疑ってしまいました。

邪推はさておき、いつになったら戦えるのか?
ファンなら見守るしかないですね。

※Hondaに与えられる今シーズンの開発トークンは9に決定です。そのトークンで何とか戦えるところまで持っていってください。

その他

今年は若手が期待大。フェルスタッペンはリタイアしてしまいましたが、ザウバーのフェリペ・ナッセが5位、トロ・ロッソのカルロス・サインツが9位でした。

今年のライブタイミング、選手のポイントが出なかったり、タイヤの種類が出なかったり、まだバグだらけ?

F1 マクラーレンならアマゾン – Amazon.co.jp