「内田理央写真集 だーりおといっしゅうかん。」と「内田理央写真集 だーりおのいっしゅうかん。」の2冊同時発売の企画性

week

内田理央は全く知らなかったのですが、実は古畑星夏の写真集を探していて行き当たりました。

古畑星夏の姉妹かと思いました。

ネットをサーチしてみると内田理央は北原里英(こちらも知りません)に似ているとも言われているようです。

誰かに似ていると言われるのは褒め言葉になっていないように思うのですが…

買った2冊の写真集はとても良く出来ていました。

スポンサーリンク
AdSence

2冊同時発売の「内田理央写真集」

興味をそそられたのは、タイプの違う写真集が2冊同時発売だったことです。

「だーりおといっしゅうかん。」

一つは大型のグラビア写真集です。

「だーりおのいっしゅうかん。」

もう一つはムックのような小型の作りです。
「内田理央写真集 だーりおといっしゅうかん。」の帯には、この写真集をさして「MORE版」と記載されています。

タイプの違う写真集を2冊同時発売という形態はずいぶん前から採用されているようです。

例えば以下のような例です。

2冊同時発売の写真集

優香

「優香ボディー」「優香グラビア」

マギー

「I’m マギー」「Your まぎー♡」

深田恭子

「AKUA」「This Is Me」

同時発売のメリットは1回のフォトセッションで2つの写真集が出来てしまうことでしょう。

深田恭子の場合は「Reflection」も発売されたので3つの写真集が出来てしまいました。

1冊買ってしまうと、もう1冊も欲しくなってしまうという消費者心理をくすぐる発売方法ですね。

「内田理央写真集」比較

少し、脱線してしまいました。

「内田理央写真集 」のことです。

どちらも同じタイトルが付いていると思ったのですが、間違ってました。

グラビア写真集は「と」MORE版は「の」で意味を持たせてあります。
両方の内容がわかると「なるほど」と胸落ちするのですが、タイトルだけでは、ちょっと分かりにくいですね。

2冊は全く違う体裁の写真集です。
紙質も変えてあります。

「MORE版」はマットな紙を使っていました。

では、目次を見てみましょう。

「だーりおといっしゅうかん。」

以下の7つのシーンで構成されています。

  • scene1:すっぴんの寝起き姿を見てみたい
  • scene2:海で一緒に遊びたい
  • scene3:プールではしゃぎたい
  • scene4:静かなビーチでふたりの時間を過ごしたい
  • scene5:脱衣所が覗き見られたら……
  • scene6:下着姿の彼女とベッドでふたりきり
  • scene7:大人のデートを楽しみたい

さまざまなシーン設定を行っていることが特長です。

「だーりおのいっしゅうかん。」

「だーりおのいっしゅうかん。」は月曜日から日曜日までの内田理央のリアルを感じられる作りになっています。

  • monday:一日中、部屋着でゴロゴロしたい。
  • tuesday:さあ、そろそろメイクして出かけなきゃ!
  • wednesday:おなかすいた!何たべようかな?
  • thursday:インスタに、好きなものだけをコレクション
  • friday:もし、変身できるなら……あの子になってみたい!
  • saturday:眠れない夜は、マンガの世界へトリップ!
  • sunday:お風呂で、最高のリラックスタイムを♡

それぞれにメイク、マンガ、アプリなどの情報コラムもついています。

どちらかというと「MORE版」の方が企画性があります。

ありがちかもしれませんが、求人パンフレットなどの構成には持って来いです。

……

これらの2冊の写真集はきちんとテーマ設定された面白い写真集でした。

「内田理央」初心者にはタイトルの「だーりお」に抵抗がありますが、写真集に企画を持たせるという意味において両方購入して比較することは意味があると思います。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

内田理央写真集 だーりおといっしゅうかん。
内田理央写真集 だーりおのいっしゅうかん。

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン