Post-Punk.comがSoundCloudにアップしたデヴィッド・ボウイのレアミックス音源が凄いです。

デヴィッド・ボウイの2度めの命日(2018.1.10)に、私は2つのトピックに注目しました。

その一つがPost-Punk.comがSOUNDCLOUDにアップした2時間を超えるミックス音源です。

参照 Torture Comes and Torture Goes – A David Bowie Mix

スポンサーリンク
AdSence

Torture Comes and Torture Goes – A David Bowie Mix

このミックス音源はなんと31曲ものデヴィッド・ボウイのレア音源から構成されています。

それぞれの曲の詳細は以下で解説されています。

参照 http://www.post-punk.com/

この中には私も聴いたことがない曲が含まれていました。

ボウイファンとしてのキャリアが比較的短い私ですが、すでに相当の曲を聴いていると思っていたのですが、まだまだ知らない曲があったとは…精進せねば。と思いました。

その知らなかった曲というのは…

デヴィッド・ボウイのFun house

「Fun house」といったらイギー・ポップを思い出してしまいます。

この曲名を見てイギー・ポップのカバーだと思っていたら、全然違っていました。

ボウイのこの曲は、いままで聴いたことがありませんでした。

これって「アースリング」のアウトテイクなんでしょうか?

この曲が聴けただけでもうれしいレアミックス音源でした。

…が、これだけではないんです。

  • 17曲目の「 I Can’t Give Everything Away (Farewell Mix)」
  • 26曲目の「 I’m Afraid Of Americans」
  • 28曲目の「When The Wind Blows (Extended Mix)」

など、とても珍しい音源だと思います。(私が知らないだけ?)

とにかく聴いてみて下さい。

驚きますよ。

最後に、もう一度リンク先を入れておきます。

参照 Torture Comes and Torture Goes – A David Bowie Mix

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

コメント

  1. aladdindogs より:

    Linさん、「Funhouse」は1988年に録音されて、4つのミックスがプロモCDRとして出され、直ぐにブートCDが出されました。
    その後、別テイクが「Fun」というタイトルでBOWIE NETの会員に配られた2枚組CD「LIVEANDWELL.COM」に収録されています。
    後に、この曲またさらに別ミックスを加えてブート化されています。
    どれも公式で出されても良い程の出来です。
    他にもディランの曲「Trying To Get To Heaven」やレノンの「Mother」などもこの時期のスタジオ録音が高音質でブートで残されています。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      「Fun(LIVEANDWELL.COM)」は私のライブラリにありました。
      「Fun」とは別のように聴こえました。
      ディランやレノンの曲も聴いてみたいですね。

  2. aladdindogs より:

    すみません、1998年の間違いです。