「デヴィッド・ボウイが魅せられた名曲たち(BOWIE HEARD THEM HERE FIRST)」が気に入ったので、デヴィッド・ボウイはどのアルバムでカバーしているか調べてみました。

8527255527_851cb487ce_o

photo by Francisco Huguenin Uhlfelder

デヴィッド・ボウイがカバーした曲のオリジナルばかりを集めたコンピレーション・アルバムが「デヴィッド・ボウイが魅せられた名曲たち(BOWIE HEARD THEM HERE FIRST)」です。
とても興味深いアルバムで、イアン・ジョンストンによる、デヴィッド・ボウイのデビューから「ザ・ネクスト・デイ」までのまとまったライナーノートが付いています。
かなり長いライナーですが、ボウイの歴史を知るのに適した内容になっています。

このコンピレーションアルバムがとても気に入りましたので、本来は「世界を売った男」の紹介順だったのですが、間に挟みました。

スポンサーリンク
AdSence

「デヴィッド・ボウイが魅せられた名曲たち」収録曲とカバー曲を収録したアルバムのタイトル

デヴィッド・ボウイが魅せられた名曲たち

凡例:曲名(アーティスト):カバー曲収録アルバム

  1. Louie Go Home(Paul Revere & The Raiders):Early On (1964-1966)
  2. I Pity The Fool(Bobby Bland):Early On (1964-1966)
  3. Fill Your Heart(Biff Rose):Hunky Dory
  4. It Ain’t Easy(Ron Davies):The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars
  5. White Light / White Heat(The Velvet Underground):Ziggy Stardust And The Spiders From Mars: The Motion Picture Soundtrack
  6. Everything’s Alright(The Mojos):Pin Ups
  7. Friday On My Mind(The Easybeats):Pin Ups
  8. Rosalyn(The Pretty Things):Pin Ups
  9. Sorrow(The Merseys):Pin Ups
  10. Where Have All The Good Times Gone(The Kinks):Pin Ups
  11. Around And Around(Chuck Berry):Sound And Vision
  12. Knock On Wood(Eddie Floyd):David Live
  13. Amsterdam(Jacques Brel):Pin Ups
  14. Wild Is The Wind(Johnny Mathis):Station To Station
  15. Alabama Song(Lotte Lenya & The Three Admirals):Scary Monsters
  16. Kingdom Come(Tom Verlaine):Scary Monsters
  17. Criminal World(Metro):Let’s Dance
  18. Sister Midnight(Iggy Pop):A Reality Tour
  19. Dancing In The Street(Martha & The Vandellas):ミック・ジャガーとのデュエット・シングル曲
  20. If There Is Something(Roxy Music):tin machine II
  21. Nite Flights(The Walker Brothers):Black Tie White Noise
  22. Cactus(Pixies):Heathen
  23. Pablo Picasso(The Modern Lovers):Reality
  24. I Took A Trip On A German Spaceship(The Legendary Stardust Cowboy):Heathen

「Early On」収録のカバー曲は結構好きです。
「Hunky Dory」「Pin Ups」「The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars」は原曲を活かしたカバーになっている印象を受けました。
「Scary Monsters」「Station To Station」で取り上げられているカバー曲についてはボウイのカバーが圧倒的に上だと思います。
「Reality」のカバー曲もセンスいいです。
「Heathen」でも数曲取り上げられていますが、原曲を聴けば「Heathen」の完成度が素晴らしいことがよく分かります。

イアン・ジョンストンによるラーナーのまとめには以下の様に記されてます。

彼がこれから大規模なツアーに乗り出す見込みは非常に薄い。しかし、もしかすると『ピンナップス』のようなカヴァー・プロジェクトの第2弾を作ることはあるかもしれない。

出典:「デヴィッド・ボウイが魅せられた名曲たち」ライナー・ノートより

まさに、同感です。

デヴィッド・ボウイが魅せられた名曲たち(Amazon)

コメント

  1. aladdindogs より:

    やまりんさん、こんにちは。
    私も、このCD大好きです。逆パターンのBowie曲の他アーティストカバー集は沢山出てますが、私は「oh! you pretty things the songs of DAVID BOWIE」が気に入ってます。

    余談ですが、会社の後輩が、平井和正さんの息子とクラスメートだったと聞いた事があります。私は「エイトマン」ぐらいしか引っかかりはありませんけど。

    • やまりん より:

      aladdindogsさま

      「oh! you pretty things the songs of DAVID BOWIE」ってアマゾンでは中古で結構、値が上がってますね。
      触手が動きます。
      私のお気に入りは「DAVID BOWIE Songbook」です。
      このアルバムが大好きなので、いずれブログで紹介します。

      実はこのアルバムに入っている「Over The Wall We Go(Oscar)」という曲がBowieのどのアルバムで(またはシングル?)で聴けるのか分からなくて探してます。
      ご存じないでしょうか??

  2. aladdindogs より:

    ボウイ自身は、公式には出していません。
    デモテープがあちらこちらのブートレッグに収録されています。

    • やまりん より:

      aladdindogsさま
      早速ありがとうございます。
      そうでしたか。
      YouTubeで聴いてみるしかないですね。
      お手数をおかけして、すみませんでした。