ファンノート

スポンサーリンク
2022.09.25

ChainLPで困ったこと:全てのページが挿絵、カラーページ扱いになった。汚れた原稿の余白が除去出来ない。

私がChainLPでなかなか解決できなかったことをまとめておきます。 ※以下は川原礫さんの「絶対なる孤独者(アイソレータ)」の例ですが、コミックではCLAMPさんの「×××HOLiC」が全て挿絵扱いになってしまいました。 ...
2022.09.24

ChainLP設定サンプル:Sony Reader PRS-T3S

Sony Reader PRS-T3Sは私がメインで使用している電子書籍リーダーです。6インチでありながら、視認性は他の電子書籍リーダーより飛び抜けています。(個人的感想ですが…) 私は、なるべく本の雰囲気を残したまま(ノンブルやヘッダを...
2022.09.24

ChainLP設定サンプル:Kindle Paperwhite、KindleDX

kindle Paperwhiteは電子書籍専用端末の代名詞と言っても過言ではないほど、有名です。 しかし、Micro SDが使えないので自炊ユーザーにとっては利便性の低い端末かもしれません。私もコミックを読むためにしか使用してい...
2022.09.24

ChainLP設定サンプル:Kobo Aura H2o

Kobo Aura H2oは1080×1430pixの高解像度を持つ電子書籍専用端末です。 高解像度、6.8インチの大画面、E Ink Cartaの高コントラストが特徴。Micro SDも増設可能で、自炊用の電子書籍端末と...
2022.09.24

ChainLP設定サンプル:Sony Reader PRS-T2

Sony Reader PRS-T2は型落ちしてしまいましたが、格納できるデータ量の点では最も優れた機種だと思います。 視認性と収納性を両立している点で今後も使っていきたい機種です。 数回の記事に渡って、私の設定サンプルをまとめ...
2022.09.24

電子書籍ソフトの決定版! ChainLPの初期設定

こちらの記事はChainLPをインストールした時点での初期状態の設定を解説付きでまとめたものです。 ChainLPで様々な設定変更を行った際に、元はどういう設定だったのか確認するためにまとめて起きます。 Chai...
2022.10.10

ChainLPの使い方:インストールから始める電子書籍の最適化事例

ChainLPはNo.722さんが無料で配布している、小説やコミックの電子化(自炊)ソフトウェアだ。このページではインストールから使用方法までをまとめてみることにする。 詳しいことは作者のブログを見ていただきたいのだが...
2022.10.07

2015年ホンダF1復帰を前にした記事

photo by amika_san 日経新聞が2月10日と11日連続で、ホンダのF1復帰を取り上げた。 3月13日のオーストラリア(アルバート・パークサーキット)での開幕戦を目前に日本のモータースポーツ界が盛り上がりを見せ始め...
2022.09.24

Adobe Acrobat Proでトリミングされたjpg画像を出力する方法

Adobe Acrobatは本家・本元のPDF編集ソフトウェアだ。PDFを開発したadobeだけあって、機能で他のPDF編集ソフトウェアの追随を許さない。 電子書籍を作成するためには必携のソフトウェアといえるだろう。 スキャンし...
2022.09.15

電子化機器と使用ソフトウェアのまとめ(新書本をKobo Aura H2o用に電子化)

田中芳樹のタイタニア5巻が届いたので早速電子化、自炊してみる。 1.表紙をフラットベッドスキャナーでスキャン ●使用ソフトウェア:Photoshop ●使用機器:エプソンスキャナー 私は600dpiでスキャンしている。...
2022.09.19

Sony Readerで平井和正の「BLUE LADY」を読む

ウルフガイ・ドットコム併設のe文庫から平井作品は購入可能だ。また、pdabook.jpからも平井作品は手に入れられる。 e文庫のデータはpdfと.book、pdabook.jpからはpdf、.book、xdmfデータだ。 それぞ...
2022.09.19

Sony Reader PRS-T4 ?

私は2012年以降、Sony Readerを愛用している。 メイン機器と断言していい。だからPRS-T2を3台、PRS-T3Sを3台所有している。 (使い方は今後の記事にゆずる) 読みやすさ、軽さ、データ格納量、どれをとっ...
2022.09.19

モノクロームの世界

Eインク端末のメリットとデメリットをまとめてみた。 私が使用して感じることなので、詳しいことはメーカーサイトで確認してね。 まずはメリットから 圧倒的に消費電力が小さい 私はKindle Paperwhite(初代と2代目)、K...
2022.09.19

E Ink 接近遭遇

最初に手にした電子書籍専用端末は「Sony Reader PRS-T2」だった。 私はKindle PaperWhiteの日本発売アナウンスによって電子書籍に目覚める前はiPad等の液晶パネル製品こそが電子書籍端末と考えていた。 職...
2022.09.19

2012年 黒船襲来

2012年、amazonからkindle Paperwhiteが発売された。 これを契機に出版業界は大きく変わりつつある。 まさしく、kindle Paperwhiteは出版業界にとって「白い黒船」だったのである。 この年...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました