F1ヨーロッパGP、初開催のアゼルバイジャン・バクー市街地サーキットは波瀾の予選。Q3でクラッシュに終わったハミルトン。バトンはQ1も突破出来ず。

baku
image photo by David Davidson 

今年のF1ヨーロッパGPは初開催のアゼルバイジャン・バクー市街地サーキットになりました。
ちょっと見るとモナコみたいに見えるサーキットですが、ガードレールではなくコンクリートで囲まれた区間もあります。

そのウォールにタイヤをヒットさせるマシンも多いし、コーナーを曲がりきれず、エスケープロードに飛び出すマシンも目出ちました。

テクニカルな市街地コースならマクラーレン・ホンダにも希望はあるのでは?…と思っていたのですが、全くダメでした。

スポンサーリンク
AdSence

FP3の結果は何だったのか?…ジェンソン・バトン

3回目のフリー走行で8番手タイムをたたき出していたジェンソン・バトンを見ると、マクラーレン・ホンダは楽々Q1を突破出来るものと思っていました。

ところが、スーパーソフトタイヤのおいしいところをミスでふいにしてしまい、結局Q1を突破出来ませんでした。
マノーやルノーにも遅れをとる始末です。

からくもQ1を突破したフェルナンド・アロンソもQ2でトラフィックのためパッとしたタイムを出せません。

マクラーレン・ホンダの予選は大失敗でした。

ウィリアムズやフォース・インディアが好調なところを見るとバクーはパワーサーキットとして捉えたほうが良いようです。

ハミルトンはQ3でクラッシュ

メルセデスのハミルトンがQ3で、まさかのクラッシュ。
ウォールに前輪をヒットさせてしまいました。

この予選では終始、追い込まれるようなタイムアタックを見せていましたので、ひょっとするとセッティングが上手くいってないのかもしれません。

ここ2戦でいいところのなかったロズベルグがポールを獲得し、息を吹き返したカタチになりました。

驚きなのはセルジオ・ペレスの2番手タイムです。
ペレスはQ3でクラッシュしギアボックスを交換しているので、5グリッド後退が決まっているものの、予選2番手タイムはフォース・インディアの力だけではないかもしれません。

ペレスはこのところ好調なので、ドライバーとして何か掴んだかもしれませんね。

レッドブルのリカルドとフェラーリのベッテルが同タイムで3番手に飛び込みました。
ルノーのパワーユニットも戦えるところまで来ましたので、レッドブルとフェラーリの戦いは今後が楽しみです。

……

さて、決勝レースも予選同様、荒れたレースになりそうですね。
どのタイミングでセーフティカーが入るかで、中段チームにもチャンスが生まれそうです。

マクラーレン・ホンダにも期待できるかもしれません。

予選結果

リカルドとベッテルの同タイムは驚きです。
リカルドの方が先にゴールラインをくぐったので3番手になっています。

順位 ドライバー チーム タイム
1 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1’42.758
2 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’43.515
3 ダニエル・リカルド レッドブル 1’43.966
4 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’43.966
5 キミ・ライコネン フェラーリ 1’44.269
6 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1’44.483
7 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1’44.717
8 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 1’45.246
9 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’45.570
10 ルイス・ハミルトン メルセデス 2’01.954
11 ロマン・グロージャン ハース 1’44.755
12 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1’44.824
13 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1’45.000
14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’45.270
15 エステバン・グティエレス ハース 1’45.349
16 フェリペ・ナッセ ザウバー 1’46.048
17 リオ・ハリアント マノー 1’45.665
18 パスカル・ウェーレイン マノー 1’45.750
19 ジェンソン・バトン マクラーレン 1’45.804
20 マーカス・エリクソン ザウバー 1’46.231
21 ケビン・マグヌッセン ルノー 1’46.348
22 ジョリオン・パーマー ルノー 1’46.394

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン