F1なのにインディ・カーみたいなレース。イタリアGP・モンツァは回っているだけでつまらない。マクラーレン・ホンダのアロンソは51周目にファステストをたたき出し、意地を見せることしかできなかった。(F1 2016第14戦:イタリアGP)

ベッテル
image photo by Rob Alter 

4つのストレートを複合コーナーでつないだ形のモンツァは、元々オーバル・コースだっただけあって、オーバルのレースと変わらない印象を受けます。

エンジン勝負の超高速サーキットなので、波瀾が無い限りは順位を予想できてしまいます。
上位が事故でもしなければ、退屈なレースです。

ポールのハミルトンがスタートをミスし6位まで後退しても、メルセデスの優位は変わらず、このレースはロズベルグだと予想できたことが、このレースのつまらなさを象徴しています。

48周目ターン1でリカルドがボッタスを抜いたコーナーの飛び込みはしびれましたけど…

参照 Race highlights – Italy 2016(formula1.com)

スポンサーリンク
AdSence

マクラーレン・ホンダは太刀打ち出来ず

来季のラインナップが決まったマクラーレン・ホンダですが、その話は次の記事に譲ります。

このレースでは単純にパーツのテストのようでした。

40周を周回する頃にはロズベルグに2台とも周回遅れにされてしまいました。

アロンソは最後のペースアップの無線に笑いで答えるほど。勝負になりません。

それでも、タイヤを交換したアロンソが51周目にファステスト・ラップ1分25秒340をたたき出し、このレースを楽しんでフィニッシュしました。

このファステストはホンダにとって24年ぶりの快挙でした。

バトンも11位を行くハースのグロージャンをソーパーソフトで追い続けレースを楽しんだようです。

……

レースの結果は予想通り1ピット戦略でメルセデスのロズベルグ、ハミルトンの順で、2ピット戦略のフェラーリに大差をつけてしまいました。

表彰台では3位に入ったベッテルはティフォシの前でご機嫌でしたが、メルセデスとの差を考えると浮かれてはいられないでしょう。

結果

F1 2016 第14戦 イタリアGP
モンツァ・サーキット – 全53周(2016.9.4)

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ニコ・ロズベルグ メルセデス 25
2 ルイス・ハミルトン メルセデス 18
3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 15
4 キミ・ライコネン フェラーリ 12
5 ダニエル・リカルド レッドブル 10
6 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 8
7 マックス・フェルスタッペン レッドブル 6
8 セルジオ・ペレス フォース・インディア 4
9 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 2
10 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1
11 ロマン・グロージャン ハース
12 ジェンソン・バトン マクラーレン
13 エステバン・グティエレス ハース
14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン
15 カルロス・サインツ トロ・ロッソ
16 マーカス・エリクソン ザウバー
17 ケビン・マグヌッセン ルノー
18 エステバン・オコン マノー
r(36) ダニール・クビアト トロ・ロッソ
r(26) パスカル・ウェーレイン マノー
r(7) ジョリオン・パーマー ルノー
r(6) フェリペ・ナッセ ザウバー

ドライバーズ・ランキング

順位 ドライバー(チーム:No) ポイント
1 ルイス・ハミルトン(メルセデス:44) 250
2 ニコ・ロズベルグ(メルセデス:6) 248
3 ダニエル・リカルド(レッドブル:3) 161
4 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5) 143
5 キミ・ライコネン(フェラーリ:7) 136
6 マックス・フェルスタッペン(レッドブル:33) 121
7 バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ:77) 70
8 セルジオ・ペレス(フォース・インディア:11) 62
9 ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア:27) 46
10 フェリペ・マッサ(ウイリアムズ:19) 41
11 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン:14) 30
12 カルロス・サインツ(トロ・ロッソ:55) 30
13 ロマン・グロージャン(ハース:8) 28
14 ダニール・クビアト(トロ・ロッソ:26) 23
15 ジェンソン・バトン(マクラーレン:22) 17
16 ケビン・マグヌッセン(ルノー:20) 6
17 パスカル・ウェーレイン(マノー:94) 1
18 ストフェル・バンドールン(マクラーレン:47) 1
エステバン・グティエレス(ザウバー:21) [11]
ジョリオン・パーマー(ルノー:30) [11]
マーカス・エリクソン(ザウバー:9) [12]
フェリペ・ナッセ(ザウバー:12) [12]
リオ・ハリアント(マノー:88) [15]
エステバン・オコン(マノー:31) [16]

コンストラクターズ・ランキング

また、ウイリアムズとフォース・インディアが入れ替わりました。
4位争いは熾烈です。

ここにマクラーレンが加わってくれるといいのですが…

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 498
2 レッドブル 290
3 フェラーリ 279
4 ウィリアムズ 111
5 フォース・インディア 108
6 マクラーレン 48
7 トロ・ロッソ 45
8 ハース 28
9 ルノー 6
10 マノー 1
11 ザウバー [12]

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン