リンキン・パークのライブアルバム「ワン・モア・ライト・ライヴ」が出ていました。


image photo by Drew de F Fawkes 

チェスター・ベニントンが亡くなって悲しんでいたら、新しいアルバムの発売を見逃してました。

ライブ・アルバムです。

最近のライブ・アルバムは音が良くなりましたね。

このアルバムも最高の音質です。

スポンサーリンク
AdSence

ワン・モア・ライト・ライヴ

ワン・モア・ライト・ライヴ
ワン・モア・ライト・ライヴ image by Amazon

私が買ったものにはクリアファイルが付いていました。

大きな郵便物なので、何かと思いました。

このアルバムの収録曲は以下。

One More Light Live

  1. Talking To Myself
  2. Burn It Down
  3. Battle Symphony
  4. New Divide
  5. Invisible
  6. Nobody Can Save Me
  7. One More Light
  8. Crawling
  9. Leave Out All The Rest
  10. Good Goodbye
  11. What I’ve Done
  12. In The End
  13. Sharp Edges
  14. Numb
  15. Heavy
  16. Bleed It Out

太字が最新スタジオアルバム「One More Light」からです。
収録曲から「Sorry For Now」と「Halfway Right」が漏れています。

「One More Light」がしっとりとしたアルバムなので、ライブも大人っぽい感じになっています。

最新アルバム以外の選曲に「Burn It Down」(「リヴィング・シングス」収録曲)が入っていることが、私にとってはポイント高いです。

その他の曲は「ハブリッド・セオリー」から2曲「ミニッツ・トゥ・ミッドナイト」から3曲「メテオラ」から1曲です。

初期の曲と最新の曲を融合させたような選曲なのですが、全体的によく統一されたライブになりました。

チェスター・ベニントンの声をもう聴けないということが、惜しまれます。
「リヴィング・シングス」のようなアルバムをもっと出して欲しかった。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

ワン・モア・ライト・ライヴ

リヴィング・シングス

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン