サラ・ブライトマンにもロックなアルバムがあるのです。聴きくらべて欲しいアルバム「Classics」と「Fly」

Sarah Brightman
image photo by Tim Wang 

2005年頃だと思いますが、サラ・ブライトマンに凝った時期がありました。

サラ・ブライトマンはクラシックとポップスをクロスオーバーさせたアーティストで、どちらかと言えばクラシックよりのアーティストと思います。

しかし、それだけではないアルバムも発表しています。

スポンサーリンク
AdSence

Symphony(2007年発表)

Symphony
Symphony image by Amazon

もう、ジャケットだけでも欲しくなってしまうアルバムです。

この頃は既にサラ・ブライトマンの人気も下火になってきた頃かと思いますが、クオリティに衰えはありません。

しかし、このドラマチックなジャケットがなかったら、買わなかったかもしれません。

Diva: The Singles Collection(2006年発表)

Diva: Singles Collection
Diva: Singles Collection image by Amazon

このアルバムはサラ・ブライトマンのベストです。
「オペラ座の怪人(1)」「スカボロー・フェアー(9)」「クエスチョン・オブ・オナー(13)」「タイム・トゥ・セイ・グッバイ(14)」「タイタニックのテーマ(15)」「サラバンド(16)」等、名曲の数々に圧倒されます。

私の買ったのはボーナストラック(15、16)付きでした。

曲のラインナップが素晴らしいので、以下収録曲をピックアップしておきます。

  1. The Phantom Of The Opera
  2. The Music Of The Night
  3. Pie Jesu
  4. Who Wants To Live Forever
  5. Te Quieres Volver
  6. Just Show Me How To Love You
  7. Deliver Me
  8. Nella Fantasia
  9. Scarborough Fair
  10. A Whiter Shade Of Pale
  11. It’s A Beautiful Day
  12. What You Never Know
  13. A Question Of Honour
  14. Time To Say Goodbye (Con Te Partiro)
  15. Il Mio Cuore Va
  16. Sarahbande

Classics(2001年発表)

Classics
Classics image by Amazon

このアルバムがサラ・ブライトマンで最初に買ったアルバムです。

実はサラ・ブライトマンを知ったのは本田美奈子さんが白血病で亡くなられたことがきっかけです。
本田さんの「アヴェ・マリア」をテレビで見てあまりにも素晴らしかった。
それで、CDショップに行って、買ってきたのは何故かこのCDだったんです。

このアルバムには「アヴェ・マリア」も入っています。
よほど、キャッチコピーにひかれたのでしょうか?

このCDはクラシック曲が主です。
私はこういったクラシマルなクロスオーバーがサラ・ブライトマンの真骨頂だと思っていたのですが…

その後

この「Classics」にのめり込んだ後、以下のようなアルバムを次々に聴いていくことになります。

タイム・トゥ・セイ・グッバイ

タイム・トゥ・セイ・グッドバイ
タイム・トゥ・セイ・グッドバイ image by Amazon

やっぱり、表題曲が素晴らしいです。

La Lune

La Luna
La Luna image by Amazon

このアルバムには「Scarborough Fair」「A Whiter Shade Of Pale」「Here With Me」などのポップな曲が目立ちます。

このアルバムこそクロスオーバー・アルバムの決定版です。

Eden

Eden
Eden image by Amazon

「タイタニックのテーマ」も入ってます。

……

そしてアルバム「Fly」に出会ってしまうのです。

Fly

Fly
Fly image by Amazon

クラシカルなサラ・ブライトマンを知ってしまったら、このアルバムを知らないのは罪です。

どちらかというとポップ、そしてロック傾向の強いアルバムがこれです。
ジャケットが示すようにダークサイドなアルバムなのかもしれません。

しかし、ロック好きの私ならこのアルバムをサラ・ブライトマンのベストアルバムに押したくなります。

「A Question Of Honour」も入っています。しかし、アルバム「Diva」に入っているものよりロックアレンジになっています。

サラ・ブライトマンですので、とても美しいアルバムであることには違いはありません。

でも、このアルバムを聴くと、感じられる印象・雰囲気に驚くかも…

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Fly
Classics
この2枚のアルバムを聴き比べてみてね。

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン