ポケモンGO!オリエンテーリングみたいなゲーム性。…かと思えば、家の本棚でもポケモンゲットだぜ!

ポケモンGO

いい意味でも悪い意味でも社会現象を巻き起こした「ポケモンGO」。

本日(2016.7.22)午前中に日本でもダウンロード開始されました。
ここまでニュースされたら、ポケモンのグリーンしかやったことのない私でも、ダウンロードしないわけにはいきません。

スマホを通せば、世界中どこでもポケモンワールドに早変わり。
家の本棚にもポケモンが出現!
ズバットをゲットしました。

スポンサーリンク
AdSence

最初に困ったニックネーム

「ポケモンGO」をはじめて、最初に困ったのは、ニックネームが入力できないことです。

ニックネーム

最初は簡単な名前を入れてしまったのですが、全然受け付けてくれません。

4桁の数字を組み合わせてやっとニックネームを受け付けてくれました。
これができないとゲームが始まらないので、イライラしてしまいました。

ポケストップをめざす

「ポケモンGO」は外に出てポケストップを探すことから始まります。

ポケストップ

まるでオリエンテーリングのようなゲームです。
これなら健康的なゲームと言えますね。

田舎だと何にもない

田舎

私の家の周りにはなんにも無いです。
田舎暮らしはつらいです。

ポケストップはどうやって決めているんだろう

それでも歩いて行くとポケストップが見えてきます。

ポケストップは公園のすべり台だったり…

滑り台

お地蔵さんだったり、様々です。

地蔵

こんなところにお地蔵さんがあったとは、「ポケモンGO」をやらなければ気づかなかったでしょう。

このポケストップの設定がとても楽しいです。

ポケストップではモンスターボールやタマゴを手に入れられます。

夜になると…

夜になるとマップも夜になります。

夜

夜だけ出るポケモンもいるのでしょうか?

1日のまとめ

1日数時間、「ポケモンGO」を楽しみましたが、まだタマゴはかえらず、レベルは5に達していません。

捕獲したポケモンは…

  • アーボ
  • ナゾノクサ
  • ラッタ
  • コラッタ
  • ズバット
  • キャタピー
  • ポッポ
  • フシギダネ
  • イーブイ
  • ドードー
  • ゼニガメ

の11種類でした。

タマゴは2つ。2.0kmで孵化するものと5.0kmで孵化するものでした。

今までのゲームと違って足が疲れました。

「ポケモンGO」は歩きスマホが基本です。
今日はそうした人たちが増殖しました。
歩きスマホには気を付けましょう。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン