SFが読みたい!2018年版

私の様な1960年代生まれは小さい頃からSF小説を読んできた世代だと思います。

バローズやスミスなどの海外SFはもちろんのこと、小松左京や半村良、平井和正といった日本SFにも親しんできました。

そのためか、今になってもSF小説を読みたくなってしまいます。

しかし、今読むとするとどんなものがあるのか、さっぱり分かりません。

ガイドになるものが欲しくて「SFが読みたい!2018年版」を買ってみました。

スポンサーリンク
AdSence

SFが読みたい!2018年版

SFが読みたい!2018年版
SFが読みたい!2018年版 image by Amazon

この本の表紙にまず驚きました。

SFといえばSFマガジンのような雑誌をすぐに想像してしまうのですが、この表紙からはSFが想像できません。

吹き出しの言葉も意味不明です。

いったい何が書いてあるのでしょうか?

……

本を開くと国内篇と海外篇に分けて2017年のベストSFのタイトルが並んでいました。

SFマガジンにも負けないSF雑誌です。

S-Fマガジン編集部による雑誌なので、充実度は同じなんですね。

どうしてこのような表紙なのか分かりません。

……

実は内容を読んでさらに驚いてしまいました。

私が知っている作家の名前がほとんどないのです。

国内篇・海外篇のトップ10、20人の中に知っている名前は以下の3人だけでした。

  • 山田正紀
  • 荒巻義雄
  • ジーン・ウルフ

山田正紀は「神狩り」「神狩り2」「神獣聖戦」、荒巻義雄は「ビッグウォーズ」「紺碧の艦隊」、ジーン・ウルフは「新しい太陽の書」を読んでいました。

その他の作家は全く知りません。

時代が変わってしまったことを認識しました。

もう、新しい作家は追わず、既読の作品を読んだ方がよさそうです。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

SFが読みたい!2018年版

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン