SFマガジン・2017年12月号「オールタイム・ベスト SF映画総解説 PART2」は1988年「1999年の夏休み」から2004年「ハウルの動く城」まで

SFマガジン・2017年10月号「オールタイム・ベスト SF映画総解説 PART1」が良かったので、PART2も買ってみました。

久々に目に付いたSFマガジンを買ってみました。 SFマガジンは2ヵ月毎の刊行になって久しく、ほとんど買っていないのです...

今号は1988年から2004年までのSF映画解説です。
この企画はPART3まで続きます。

スポンサーリンク
AdSence

オールタイム・ベスト SF映画総解説 PART2

SFマガジン 2017年 12 月号 [雑誌]
SFマガジン 2017年 12 月号 [雑誌] image by Amazon

今号は「『ブレードランナー 2049』公開記念特集」とサブタイトルが付いています。

「ブレードランナー 2049」の特集記事も掲載され、ライアン・ゴズリングや押井守、添野知生らのインタビューが掲載されています。

今またSF映画は黄金期を迎えているそうです。

最近は仕事仲間でも「『ブレードランナー』が大好きだった」というのを聞きます。

それほどブームになっているのでしょうね。

……

今号が解説している1988年から2004年の映画を見てみると、私はあまり映画を観ていなかった時期のようです。

社会に出て忙しい日々を送っていたせいでしょうか?

ジブリの映画くらいしか劇場で観た記憶がありません。

映画が趣味と言えるほどでもない私なので、それほど観ていなかったのかもしれません。
あるいはSF映画を観ていなかったのかも。

おそらくは後者のようです。

自分の趣味だけでなく家族の趣味を優先して映画を観に行ったように思います。

……

ジブリ作品がSFとして取り上げられるのは少々違和感があります。

この時期で最もSFらしいのは「マトリックス」かな?

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

SFマガジン 2017年 10 月号
SFマガジン 2017年 12 月号 [雑誌]
SFマガジン 2018年 02 月号 [雑誌]

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン