田中芳樹の「七都市物語〔新版〕」は追加エピソード「『帰還者亭』事件」が収録されている。

田中芳樹では「銀河英雄伝説」と「アルスラーン戦記」が代表的作品の筆頭にあげられると思います。

そして続くのがこのほど完結した「タイタニア」と、このページで紹介する「七都市物語」です。(言い切っていいのかな?)

「七都市物語」は1986年から1990年にかけて発表された作品で構成されています。

当時、スペースオペラの田中芳樹が地球を舞台にし、しかも「大転倒」や「オリンポスシステム」といった(強引な)設定でSF小説を書き始めたということで、飛びつきました。

そして、27年の時を経て新版が出るというので、一応買っておこうとAmazonで予約していました。

スポンサーリンク
AdSence

七都市物語〔新版〕

七都市物語〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)
七都市物語〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA) image by Amazon

まず、うれしかったのは挿絵が今回も小林智美だったことです。

旧版のイラストはそのまま入っています。
巻頭のイラストは2色刷からモノクロに変更されました。

表紙まで同じイラストです。

……

新版といいつつ、文字を大きくしただけかと思ってガックリしたのですが、そんなものではありませんでした。

なんとエピソードが1つ追加されていました。

追加されたのは「『帰還者亭』事件」という短編です。

10ページに満たないエピソードですが、ファンとしては最高にうれしかったです。

さらに解説は「星界シリーズ」の森岡浩之とあっては買わないわけにはいかないでしょう。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

七都市物語〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン