デヴィッド・ボウイ & スパイダース・フロム・マーズ最後のアルバム「ピンナップス」(ベスト・オブ・ボウイ)

Amsterdam

「ピンナップス」はデヴィッド・ボウイによる1960年代ロックのカバー集です。

デヴィッド・ボウイの初期のアルバムでは、この「ピンナップス」のみ、あまり聴いていませんでした。

「ジギー・スターダスト」「アラジン・セイン」とグラム・ロックを代表するアルバムの次にくるものとしては雰囲気が古すぎますし、ボウイらしさがありません。

スポンサーリンク
AdSence

スパイダース・フロム・マーズは健在

デヴィッド・ボウイはハマースミス・オデオン公演でジギーを葬ってしまいました。
しかし、バックバンドのスパイダース・フロム・マーズは健在だったのです。

ドラムをミック・ウッドマンジーからエインズレー・ダンバーに変更していますが、ミック・ロンソンのギターとトレバー・ボルダーのベースに変わりはありませんので、スパイダース・フロム・マーズといって差し支えないと思います。

にもかかわらず、このアルバムでのプレイは洗練さを欠いているように感じます。
たぶん、楽曲そのものに起因するものでしょう。

Ryko盤で発表された2曲が未収録なのが残念

ピンナップス <FOREVER YOUNG CAMPAIGN 2015>対象商品
ピンナップス <FOREVER YOUNG CAMPAIGN 2015>対象商品 image by Amazon

「ピンナップス」のオリジナル盤の収録曲は以下になっています。

Pin Ups

  1. Rosalyn
  2. Here Comes The Night
  3. I Wish You Would
  4. See Emily Play
  5. Everything’s Alright
  6. I Can’t Explain
  7. Friday On My Mind
  8. Sorrow
  9. Don’t Bring Me Down
  10. Shapes Of Things
  11. Anyway, Anyhow, Anywhere
  12. Where Have All the Good Times Gone

後に発表されたRiko盤にはボーナストラックが2曲収録されていました。

それが以下の曲です。

  • Growin’ Up
  • Port of Amsterdam

どちらも大好きな曲です。
これをどうして本編(オリジナル盤)に入れてくれなかったのでしょうか?
とても残念です。

数曲ピックアップすると…

オリジナル盤収録曲から数曲ピックアップするとしたら、「Here Comes The Night」と「Sorrow」を選びます。

「Here Comes The Night」はボウイの歌唱が独特で、それだけでもこの曲をベストに選びたくなります。

「Sorrow」はシングルでもリリースされた好曲ですね。

……

しかし、ここはウルトラCを使わせて下さい。

私の選ぶベストソングは「Port of Amsterdam」です。

シャンソン歌手のジャック・ブレルのカバーで、この曲はとても素晴らしいのです。
ボウイの初期のカバーの中では最も好きな曲なので、Riko盤のボーナストラックから選ばせていただきました。

……

さて、皆さんはいかがでしょうか?

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

ピンナップス <FOREVER YOUNG CAMPAIGN 2015>対象商品

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

コメント

  1. aladdindogs より:

    やまりんさん、私は
    「Where Have All the Good Times Gone」でお願いします。
    レイ・デイビスの書く曲はとにかくセンスが良くて好きです。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      この曲は「Lodger」に入っててもおかしくないような曲ですね。
      原曲よりいい感じなのはミック・ロンソンのせいでしょうか?

  2. たこべい より:

    ボウィらしくはないけど、多分原点なんでしょうね。
    ・Here Comes The Night
    ・See Emily Play
    の2曲を。
    元唄が好きというのも大きいかな

    • Lin より:

      たこべいさん、ありがとうございます。
      私はいままで「Pin Ups」をあまり聴いていなかったのですが、今回、何度も聴いて段々好きになってきました。
      今は「Here Comes The Night」をなんで選ばなかったのか不思議です。

  3. Ronno より:

    当初の予定ではBassがCreamのJack Bruceだったが、
    招集することができなかったためTrevor Bolder続投となった。というのをどこかで読んだ記憶があります。
    Bowie(MainMan?)はリズム隊を一新してSpiders From Marsと違ったSoundを目指していたのかな?
    Jack BruceとBowieの組み合わせも聴いてみたかったです。

    BowieのOuttakeは名曲揃いですね。
    ホント捨て曲のセンスが無いなあと思います。

    • Lin より:

      Ronnoさん、ありがとうございます。

      そんなことがあったんですね。
      知りませんでした。

      このアルバムがSpiders From Mars(改)ということは、本を読んで知ったのです。
      音を聴いただけでは分かりませんでした。

      ボウイは1960年代にタイムスリップしたような音を目指したのかもしれませんね。